後攻

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

後攻/Draw Firstは、先攻の反対。あとからプレイすること。

先攻は有利なので2人対戦において一番初めのドロー・ステップ飛ばすためカード引けないが、後攻は1ターン目からカードを引ける。このことから、先攻をプレイ、後攻をドローと呼ぶこともある。

後攻であること(開始プレイヤーでないこと)を参照するカードとして、宝石の洞窟/Gemstone Caverns見捨てられた交差路/Forsaken Crossroadsが存在する。

先攻・後攻の決定権に関しては先攻を参照。

  • 先攻・後攻の決定はマリガンチェックよりも先であるため、手札の内容を見てから後攻を選ぶことはできない。
    • 先攻・後攻の決定権を持つプレイヤーが宣言をせずに手札を見た場合、先攻を選んだものとみなすとマジック・イベント規定で定められている。

[編集] 先攻・後攻の選択戦略

多くのデッキではカード1枚よりも対戦相手より早く動けることを重視するため、あえて後攻を選ぶことは少ない。

ただし状況によっては、後攻を積極的に選択することも考えられる。以下はその具体例である。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20211119.1

QR Code.gif