憤怒/Anger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Anger / 憤怒 (3)(赤)
クリーチャー — インカーネーション(Incarnation)

速攻
憤怒があなたの墓地にあり、かつあなたが山(Mountain)をコントロールしているかぎり、あなたがコントロールするクリーチャーは速攻を持つ。

2/2

インカーネーション速攻を与える。

速攻を与えるカードは「そのためにマナ手札を余分に使うのではあまり意味がない」という評価を受けやすい。その点、条件を上手に満たせばマナ不要カード・アドバンテージ損なしで効果を発揮できるのは魅力的と言える。

当時のスタンダードではステロイドの加速手段(→アンガーステロ)やリアニメイトデッキの強襲手段(生き埋め/Buried Aliveファッティとともに墓地送りにする)として使用されることが多かった。

エクステンデッドでは隠遁ドルイド/Hermit Druidライブラリーの大半を墓地に送れる性質を利用し、初期型アングリーハーミット2デッキ名の由来かつコンボパーツになった。その他サルゲッチュなどのコンボデッキで補助と奇襲の側面を備えて投入される場合もある。またレガシーの初期には非常に相性のよい適者生存/Survival of the Fittestとの組み合わせで活躍し、ATSのデッキ名の由来になった。ヴィンテージにおいても(デュアルランドコントロールする前提で)青緑マッドネスで加速手段に採用されたこともある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ジャッジメントアンコモンインカーネーションサイクル。いずれも自身が墓地にある場合にキーワード能力を付与する能力を持つ。

[編集] 参考

  1. Not Their Time(Latest Developments 2006年10月6日)
QR Code.gif