戦争の言葉/Words of War

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Words of War / 戦争の言葉 (2)(赤)
エンチャント

(1):このターン、次にあなたがカードを引く代わりに、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。戦争の言葉はそれに2点のダメージを与える。


オンスロートの言葉サイクルの一つ。の言葉は、カードを1枚引く代わりに任意の対象に2点のダメージ与えられる。引くカードが全部ショック/Shockになるような感じである。

当初は割と注目されていたのだが、後に稲妻の裂け目/Lightning Riftがあまりに強いことが判明し、その陰にすっかり隠れてしまった。とは言え効果はやはり強力で、リミテッドなどでは膠着状態でこれを出せれば勝利確定だろう。

[編集] ルール

  • 対象の選択はこの能力起動時に行う(カードを引こうとしてそれを置換した時ではない)。能力の文面だけ見ると間違えやすいので注意。
  • クリーチャー化したパーマネントを対象にしてこの能力を起動し、解決後にそれがクリーチャーでもプレインズウォーカーでもなくなり、さらにその後にカードを引いたとする。この場合、戦争の言葉はそのパーマネントにダメージを与えようとする(立ち消えするわけではない。対象が適正であるかのチェックは、能力の起動時と解決時にしか行わない)。しかしCR:120.1aにより、クリーチャーでもプレインズウォーカーでもないパーマネントにはダメージを与えられないため、何も起こらないことになる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

オンスロートの言葉サイクルドローを別の効果置換する。英語版のカード名は「Words of W~」で統一されている。

[編集] 参考

QR Code.gif