所有地カード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

所有地カード/Domain Cardとは、そのコントローラーコントロールする基本土地タイプの種類の数によってその効果が増減するカードのこと。多色推奨のインベイジョン・ブロックコンフラックスで登場し、時のらせんでも1枚だけ登場している。


Tribal Flames / 部族の炎 (1)(赤)
ソーサリー

版図 ― クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。部族の炎は、それにX点のダメージを与える。Xは、あなたがコントロールする土地の中の基本土地タイプの数に等しい。



Tek / テク (5)
アーティファクト クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

テクは、あなたが平地(Plains)をコントロールしているかぎり+0/+2の修整を受け、あなたが島(Island)をコントロールしているかぎり飛行を持ち、あなたが沼(Swamp)をコントロールしているかぎり+2/+0の修整を受け、あなたが山(Mountain)をコントロールしているかぎり先制攻撃を持ち、あなたが森(Forest)をコントロールしているかぎりトランプルを持つ。

2/2

[編集] 解説

例えば部族の炎/Tribal Flamesであれば、土地タイプ」を持つ土地1種類しかコントロールしていない場合、2マナでたった1点のダメージしか与えられない。しかし平地・山・の5種類全ての基本土地タイプが揃っているのなら、5点のダメージを与えることができる。

コンフラックスでの再登場時は能力語版図を与えられ、それ以前に登場した物にもオラクル変更がなされた。

インベイジョン・ブロックのリミテッドでは重要な位置を占める。それらを効率よく運用できる砕土/Harrowを擁する文章変更効果を擁するを軸にして多色デッキを編成するのが基本戦術となる。

構築環境において、基本土地タイプを揃えてこれらのカードをフル活用することを主眼に置いたデッキは「ドメイン」と呼ばれる。

[編集] 該当カード

所有地カードには大きく分けて3種類ある。

  1. 俗世の相談/Worldly Counselのように、種類数に応じて効果の大小が変化するタイプ。この場合、基本土地タイプの数は解決時に数える。
  2. ストラタドン/Stratadonのように、種類数で唱えるためのコストが変化するタイプ。この場合、基本土地タイプの数は唱える際に数える。
  3. テク/Tek最後の抵抗/Last Standなどのように、各基本土地タイプを参照し、それぞれに応じた効果を発揮するタイプ。
    • このタイプはコンセプトは共通しているものの、厳密には所有地カードではなく、後のオラクル変更でも版図の能力語を与えられていない。

所有地カードの一覧は、こちらを参照のこと。→「版図」でテキスト検索

ただし上記の検索では、前述の3つめのタイプである以下のカードはヒットしない(版図を与えられていないため)。

[編集] その他

[編集] 参考

QR Code.gif