拭い捨て/Wipe Away

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wipe Away / 拭い捨て (1)(青)(青)
インスタント

刹那(この呪文がスタックにあるかぎり、プレイヤーは呪文を唱えられず、マナ能力でない起動型能力を起動できない。)
パーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。


刹那付きブーメラン/Boomerang

センギアの吸血魔/Sengir Nosferatuのような、一度戦場に出ると対処しにくいパーマネントを確実にバウンスできる。打ち消しをかいくぐって出てきた脅威に対しての対応策になりえるだろう。もちろん対戦相手の打ち消しも効かないので、メタゲーム上にパーミッションが流行るならミラーマッチサイドボードとしても有効。

もっとも、完全な除去ではないし、対応して回避するような能力を持つパーマネントを対戦相手が使っていない限りは、単に1マナ重いだけのブーメランになってしまう点が苦しい。ブーメラン自体があまりメインデッキから採用されるカードではなく、さらに心霊破/Psionic Blastという優秀なクリーチャー除去の存在もあり、当時のスタンダードでは大きな活躍は残せていない。

レガシーではShow and Tellなどのコンボデッキでサイドボードに採用されることがある。コンボさえ決めてしまえば勝てるコンボデッキでは完全な除去でないことのデメリットも薄く、コンボの邪魔をするあらゆるパーマネントを妨害を受けずに対処できる点が役立つ。狡猾な願い/Cunning Wishからサーチされることもある。パーミッションとコンボデッキの比率が高いヴィンテージでも、少数採用されることがある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

時のらせん刹那を持つアンコモン呪文サイクル

[編集] 参考

QR Code.gif