探検/Explore

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Explore / 探検 (1)(緑)
ソーサリー

このターン、あなたは追加の土地を1枚プレイしてもよい。
カードを1枚引く。


土地プレイは1ターンに1枚までというルールをちょっと破るカード花盛りの夏/Summer Bloomの亜種、あるいは1ターン限定の栄華の儀式/Rites of Flourishingともとれるか。

ライブラリーから確実に土地を1枚探すことができる不屈の自然/Rampant Growthと比べると、手札に土地がないマナスクリュー状態だとプレイできないという欠点があるものの、キャントリップ今引きできる可能性が残るため、ある程度補われている。また逆に土地が余ったマナフラッドの状況やマナ加速の意義が薄れた場面でもサイクリング代わりに1ドローのために使用できるので、腐ることが無い。手札から正式にプレイするため、基本でない土地をプレイできるし基本土地でもアンタップ状態戦場に出せるのも不屈の自然に勝る利点。当然、上陸との相性もよい。

地味ながら良質なマナ加速呪文であり、同環境ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya耕作/Cultivateなどのランドブースト手段が豊富なため、スタンダードでは赤緑ヴァラクート青赤緑ターボランドなどのターボランドデッキが多く、探検もそれらのデッキによく採用されている。エクステンデッドでもオーメン・ヴァラクートモダンでも12postで使われる。

An explorer's reward is a view of tomorrow's possibilities.
探検家にとっての報奨とは、明日の可能性への見通しである。
(出典:ワールドウェイク版)
An explorer's reward is a view of tomorrow's meals.
探検家にとっての報奨とは、明日食えるものの光景である。
(出典:Happy Yargle Day!版)

[編集] 参考

QR Code.gif