撹乱/Disrupt

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Disrupt / 撹乱 (青)
インスタント

インスタント呪文1つかソーサリー呪文1つを対象とし、それをそれのコントローラーが(1)を支払わないかぎり、打ち消す。
カードを1枚引く。


1マナキャントリップ付き不確定カウンター魔力の乱れ/Force Spikeの亜種。ただし、対象に取れる呪文の種類が限定されている条件付きカウンターカードでもある。

対戦相手インスタント呪文やソーサリー呪文を多用するのであれば、一考に値するカード。インベイジョン期のスタンダードでは、ソーサリーからトークンがよく出てきたので、サイドボードに潜んでいた。

またエターナルでよく見かける、フルタップ状態からの意志の力/Force of Willに劇的に効くため、こちらでもよくサイドボードに差し込まれている。

  • 自分の呪文を対象にして唱える事もある。例えばこちらが唱えた打ち消し呪文に対して対戦相手が神秘の蛇/Mystic Snakeでカウンター返しをしてきた場合、自分の打ち消し呪文を撹乱で打ち消すと、神秘の蛇が戦場に出るときには打ち消せる呪文が「元々こちらが打ち消そうとしていた呪文」=「対戦相手が通したかった呪文」しか無くなっており、対戦相手は神秘の蛇のETB能力で自分の呪文を打ち消さざるを得なくなる。
    • 他の打ち消し呪文でも同じ事ができない事は無いが、コストが(青)のみで非常に軽い事、打ち消すのは自分の呪文であるために不確定カウンターであっても関係が無い事、キャントリップによってアドバンテージを取れる可能性がある事から、この手のプレイングは主に撹乱の定番となっている。
      • ラヴニカ:ギルドの都で登場した差し戻し/Remandでも同様のプレイングが行われる。こちらは、1マナ重い代わりに自身の唱えた呪文を手札に戻せるため、単純なアドバンテージが見込める。
  • 対象とした呪文を打ち消すのに成功したかどうかとカードを引く事は関係がないので、マナを支払われた場合や打ち消されない呪文を対象とした場合でもカードを引けるので注意。

[編集] 参考

QR Code.gif