新生化/Neoform

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Neoform / 新生化 (緑)(青)
ソーサリー

この呪文を唱えるための追加コストとして、クリーチャー1体を生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから、その生け贄に捧げたクリーチャーの点数で見たマナ・コストに1を足した値に等しい点数で見たマナ・コストを持つクリーチャー・カード1枚を探し、そのカードを+1/+1カウンターが追加で1個置かれた状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。


クリーチャーを1マナ重いクリーチャーに生まれ変わらせるソーサリー異界の進化/Eldritch Evolutionの亜種と言える。

異界の進化と比較すると、丁度1マナ分しかジャンプできず青マナも必要になってしまったが、1マナ軽くなったことは大きなメリット。自身を追放しないため、墓地のソーサリーを回収できるクリーチャーをサーチして繰り返し使うこともできる。

+1/+1カウンターを置く効果は、コンボパーツなりフィニッシャーにアクセスすることが多いこの手の呪文では重要視されにくい。しかしながら馬鹿にできる効果ではないし、リミテッドではある程度これを目当てに使うことも考えられる。

モダンでは、このカードアロサウルス乗り/Allosaurus Riderグリセルブランド/Griselbrandに進化させるコンボデッキネオブランドが登場した。

レガシーでは石鍛冶バントの救済パーツとして考慮された。そちらのデッキでは改革派の結集者/Renegade Rallierとシナジーを発揮する[1]

[編集] 脚注

  1. バント石鍛冶:ネオスタイル(レガシー) 岩SHOWの「デイリー・デッキ」 2019.8.16(mtg-jp.com、2019年8月17日閲覧)

[編集] 参考

QR Code.gif