時代寄生機/Epochrasite

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Epochrasite / 時代寄生機 (2)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

時代寄生機は、あなたがそれをあなたの手札から唱えていない場合、その上に+1/+1カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
時代寄生機が死亡したとき、それを時間(time)カウンターが3個置かれた状態で追放する。それは待機を得る。(あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。それは速攻を持つ。)

1/1

普通に戦場に出すと2マナ1/1と非力だが、手札から唱え「ない」ことで強化されるという、何とも風変わりなアーティファクト・クリーチャー

普通に唱えた場合でも、チャンプブロックなどで死亡すると能力誘発し、しばらくすると4/4で復活してくる。この場合通常の除去では根絶できず、ノーコストで何度でも戻ってくる厄介な存在である。

自動復活の性質上、アーティファクト・クリーチャーという壊されやすさもあまり苦にならない。対戦相手にとって4/4を放置するのは辛く、除去にカードを使っても一時凌ぎにしかならない嫌な存在になるだろう。

とはいえ、時間の孤立/Temporal Isolationなど、破壊以外の対処方法も存在するため、なんらかの生け贄に捧げる手段などを用意しておくとよい。さらに言えば死亡したときの能力が誘発したのに対応して墓地から追放されるなどするとどうしようもない。あまり過信しないように。

呪文や能力によって直接戦場に出る場合、それが手札からであったとしても4/4のサイズで登場する。霊気の薬瓶/AEther Vialなどは良いパートナーとなるだろう。また、ヨーグモスの行動計画/Yawgmoth's Agendaなどによる、手札以外の領域から唱えることで戦場に出た場合も+1/+1カウンターが乗る。とはいえ現実的には手段が少なめで、リアニメイトするには若干小さいために、これらの方法で登場することはあまり無さそうである。

未来予知で登場した当時は、アグレッシブなタイプのブリンク大いなるガルガドン/Greater Gargadon入りのビートダウンラクドス・アグロなど)で採用され、ローウィン後に登場したマネキンコントロールでも主力となっている。

[編集] 参考

QR Code.gif