本質の予見者、ウィロウダスク/Willowdusk, Essence Seer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Willowdusk, Essence Seer / 本質の予見者、ウィロウダスク (1)(黒)(緑)
伝説のクリーチャー — ドライアド(Dryad) ドルイド(Druid)

(1),(T):これ以外のクリーチャー1体を対象とする。それの上に、このターンにあなたが得たライフの点数かこのターンにあなたが失ったライフの点数、どちらか大きい方に等しい数の+1/+1カウンターを置く。起動はソーサリーとしてのみ行う。

3/3

他のクリーチャーに、そのターンライフゲインライフロスで大きい方の点数分+1/+1カウンターを置く伝説のドライアドドルイド

未評価カードです
このカード「本質の予見者、ウィロウダスク/Willowdusk, Essence Seer」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。
  • 得たライフと失ったライフは、それぞれで合算する。あるターンにライフを2点得た後で3点のダメージを受け、その後また2点得てから起動した場合、得たライフは4点、失ったライフは3点なので+1/+1カウンターは4個置かれる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者2021のメイン統率者サイクル対抗色2伝説のクリーチャーで、稀少度神話レア

[編集] ストーリー

ウィロウダスク/Willowduskは、アルケヴィオス/Arcaviosの魔法学院ストリクスヘイヴン/Strixhavenの大学の一つ、ウィザーブルーム大学/Witherbloom College教授/Professorを務めるドライアド。女性(イラスト)。

ウィロウダスクの本当の年齢は誰も知らない。彼女は血の時代/The Blood Ageから生きていると主張しており、それは誇張だろうと多くの者が思っているが、反論できるほど長生きしている者もいない。ずっと前に、反抗的な学生の一団が居残り沼/Detention Bogでどうしようもなく迷ってしまった際、避難所にしようとしたものが実はウィロウダスクの根だった。彼女は親切にも、学生たちを飢えたボグロフ/Bogroffの群れから保護し、逆回り講堂/Widdershins Hallへと案内しながら、適切な薬草採集の実践について講義を行った。

その講義があまりに効果的であることが証明されたため、彼女は教授としてここに残ってほしいと頼まれた。ウィロウダスクは薬草、害獣の繁殖、解剖技術の知識を毎年の新入生に伝授するのが大好きで、その研究室では常に茶が淹れてある。

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif