村背負いの大巨人/Hamletback Goliath

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hamletback Goliath / 村背負いの大巨人 (6)(赤)
クリーチャー — 巨人(Giant) 戦士(Warrior)

他のクリーチャーが1体戦場に出るたび、あなたは村背負いの大巨人の上に+1/+1カウンターをX個置いてもよい。Xは、そのクリーチャーのパワーである。

6/6

素で6/6であり、さらに後続のクリーチャーが出るたびにどんどん巨大になっていく巨人対戦相手がクリーチャーを出しても大きくなれるのが特長。

ただしそれはあくまで「一度出てしまえば」の話である。7マナでは出る前にゲームが終わることもあるし、ましてこれを出した後でさらに後続のクリーチャーが続々出るほどゲームが続くことはあまり考えにくい。回避能力も無いので、大きくなってもそれだけで勝ちに行くのも難しい。総じて構築ではあまり実用的な性能とは言いがたい。

中盤までにマナ・コストを踏み倒して出すことができればそこそこ強いが、それならば「でかいだけ」のコイツよりももっと優秀なクリーチャーがいくらでもいるので、その意味でも構築で採用される可能性は薄いだろう。

しかしマナ加速から速やかに場に出し、想起クリーチャーや地壊し/Groundbreakerなどの頭でっかち歩く火力を使うならパワーが10や20程度はたやすく超える。色拘束も薄いため、むしろ上記のようなクリーチャーのお供としてリアニメイトのあるのデッキに入れるのも面白いかもしれない。対戦相手のクリーチャーによっても巨大化するため、早期に出せれば相手の展開にもプレッシャーを与えられるかもしれない。

リミテッドならば、これが出てまだゲームが続く可能性が普通にあるので、色拘束が薄くそれなりの活躍も期待できるだろう。そもそもリミテッドでは、7マナ6/6のバニラでもなかなか優秀な部類である。

  • 対戦相手がクリーチャーを出すとそのパワー分これのタフネスが増えるので、一旦相手のクリーチャーのパワー合計を上回ってしまえば、(特にリミテッドにおいては)相手が戦闘でこのクリーチャーを倒すことは困難になる。

[編集] 参考

QR Code.gif