死の守り手、セックァー/Sek'Kuar, Deathkeeper

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sek'Kuar, Deathkeeper / 死の守り手、セックァー (2)(黒)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — オーク(Orc) シャーマン(Shaman)

あなたがコントロールする他のトークンでないクリーチャーが死亡するたび、速攻を持つ黒であり赤である3/1の墓生まれ(Graveborn)クリーチャー・トークンを1体生成する。

4/3

史上初の伝説のオーク黒赤緑という攻撃的な色の組み合わせに相応しい能力を持つ。

クリーチャー除去耐性を得られるのはもちろん、自分から積極的に能力を誘発させても強い。エンジェルヘイトのような仕組みとは相性が良いだろう。トークンでは能力が誘発しないのである程度クリーチャーが必要だという相違点はあるが。

召喚の調べ/Chord of Calling色拘束を無視できるので、プロジェクトXで1枚刺しされている事がよくある。

オークたちは、セックァーがいまだにカープルーザンの山で生き続けており、死者の軍団を集めて復讐を遂げようとしていると信じている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

コールドスナップ弧3色多色クリーチャーサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif