気まぐれイフリート/Capricious Efreet

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Capricious Efreet / 気まぐれイフリート (4)(赤)(赤)
クリーチャー — イフリート(Efreet)

あなたのアップキープの開始時に、あなたがコントロールする土地でないパーマネント1つを対象とし、あなたがコントロールしていない土地でないパーマネントを最大2つまで対象とする。それらのうち、無作為に選んだ1つを破壊する。

6/4

その名前通り、ランダム要素のあるファッティ

6マナ6/4というそれなりに良好なサイズに加え、自分のアップキープごとに土地でないパーマネント破壊することができる。しかしさすが混沌の、通常3分の1から2分の1の確率で自分のパーマネントが犠牲になってしまう。

とは言うものの、対象にするパーマネントは全てこちらが選ぶので、リスクは見た目ほど高くない。自爆の危険はあるが、概ね優良なクリーチャーである。

赤には珍しくエンチャント破壊できるので、自分のパーマネントとして孵化計画/Hatching Plansを差し出せば色々と楽しめるだろう。

[編集] 能力の対象について

これの能力が取る対象は非常に変則的である。

  • あなたコントロールしている土地でないパーマネント1つを対象とする」のは固定である。通常は最低でもこれ自身を対象に取れるはずである。
  • 「あなたがコントロールしていない土地でないパーマネントを最大2つ対象とする」は、対象がとれなくなるような数を選ぶことはできない。対戦相手土地ルーン爪の熊/Runeclaw Bearを1体しかコントロールしていない時、「2つを対象とする」ことを選ぶ事はできない。
    • 逆に、最大まで対象を選ぶ必要はない。上記の状況において「0個のパーマネントを対象にする」事は適正である。

これにより、この能力は合計1〜3つの対象をとる。合計の対象が1つの場合、これは「単一の対象を取る能力」である。

  • 解決時にいくつかの対象が不適正になっていた場合、1つでも適正な対象が残っていれば、適正なものの内から1つを無作為に選んで破壊する。

[編集] 利用

上記の対象のルールにより、自分のパーマネントを対象に取らないことはできない。しかし、能力誘発後に、対象になった自分のパーマネントを不正な対象とすることで、選択肢から消すことができる。具体的には

などが挙げられる。これらと「あなたがコントロールしていないパーマネントを1つ対象にする」という選択を併用することで、狙ったパーマネントを確実に破壊することができる。

[編集] その他

いずれにせよ、このカードを使用する際には3分の1あるいは2分の1を無作為に選ぶ方法を用意しなくてはいけない。 もっとも簡単かつ適切なのは6面サイコロを振ることである。 また、余っている基本土地3種を対応付けて、裏向きでシャッフルして選ぶ、という方法も挙げられる。

対象となったパーマネント自体を「裏返してシャッフル」する方法もあるが、スリーブが違う場合、トークンが混じった場合に非常に処理が難しくなる。 また、自分のカードと相手のカードを混ぜる場合に、同名カードの区別が付かなくなったり、相手のカードを傷つけたりしかねない。

じゃんけんで勝ち、負け、あいこになる確立はそれぞれ1/3なので、互いに納得できればそれを利用する手もある。

サイコロを使うか否かはともかく、何らかの手段を用意しておくのがマナーである。

  • リミテッドの大会に参加するときは、これが出現する可能性も留意して準備しよう。

[編集] 参考

QR Code.gif