氷河屠り/Jokulmorder

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jokulmorder / 氷河屠り (4)(青)(青)(青)
クリーチャー — リバイアサン(Leviathan)

トランプル
氷河屠りはタップ状態で戦場に出る。
氷河屠りが戦場に出たとき、あなたが土地を5つ生け贄に捧げないかぎり、それを生け贄に捧げる。
氷河屠りはあなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。
あなたが島(Island)をプレイするたび、あなたは氷河屠りをアンタップしてもよい。

12/12

コストサイズペナルティ、どれをとっても本家リバイアサン/Leviathanを髣髴とさせるクリーチャー。オリジナルと比べて幾分使いやすくなっているとはいえ、相変わらずリアニメイトしにくい上にパーミッションデッキフィニッシャーとしてはデメリットがきつすぎる。

ファンデッキ用と割り切ってもよいが、やり方次第では十分使える。例によってディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelgangerでデメリットを踏み倒したり、縫合グール/Sutured Ghoulの餌にするのも良い。

  • 名前からジョークルホープス/Jokulhaupsとの繋がりを連想させる。実際は異なる言語の単語を組み合わせた造語であり、"jokul"はアイスランド語の「氷河」、"morder"はノルウェー語の「殺害者」である。

[編集] 参考

QR Code.gif