汚れた土地

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

汚れた土地(Tainted Land)とは、トーメントで登場した以下の4種類の2色地形のこと。


Tainted Field / 汚れた原野
土地

(T):(◇)を加える。
(T):(白)か(黒)を加える。この能力は、あなたが沼(Swamp)をコントロールしていないかぎり起動できない。



Tainted Isle / 汚れた島
土地

(T):(◇)を加える。
(T):(青)か(黒)を加える。この能力は、あなたが沼(Swamp)をコントロールしていないかぎり起動できない。



Tainted Peak / 汚れた峰
土地

(T):(◇)を加える。
(T):(赤)か(黒)を加える。この能力は、あなたが沼(Swamp)をコントロールしていないかぎり起動できない。



Tainted Wood / 汚れた森
土地

(T):(◇)を加える。
(T):(緑)か(黒)を加える。この能力は、あなたが沼(Swamp)をコントロールしていないかぎり起動できない。


コントロールしていれば、デメリット無しに黒マナかもう一色マナを出せるため、を主軸にした多色デッキではいい働きをする。そのため、いずれのカードオデッセイ・ブロック構築や当時のスタンダードで、ノワールなどのデッキで用いられた。

さらに、汚れた原野/Tainted Field汚れた森/Tainted Woodは当時は種類が少ない対抗色の2色地形であったことから、エクステンデッドレガシーでも使われたことがある。これらの環境ではショックランドデュアルランドによって、「沼をコントロールする」という条件を満たしやすいのも大きい。

[編集] 該当カード

[編集] 参考

QR Code.gif