炎の職工、チャンドラ/Chandra, Fire Artisan

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chandra, Fire Artisan / 炎の職工、チャンドラ (2)(赤)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

炎の職工、チャンドラの上から忠誠(loyalty)カウンターが1個以上取り除かれるたび、対戦相手1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。これはそれにその個数に等しい点数のダメージを与える。
[+1]:あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。このターン、あなたはそれをプレイしてもよい。
[-7]:あなたのライブラリーの一番上のカードを7枚追放する。このターン、あなたはそれらをプレイしてもよい。

4

灯争大戦で登場したチャンドラ誘発型能力は取り除かれた自身の忠誠カウンターに応じた本体火力忠誠度能力は2つとも衝動的ドロー

誘発型能力
自身から忠誠カウンターが取り除かれるたびに対戦相手プレインズウォーカーダメージ
忠誠度能力起動コストで取り除く分だけでなく、ダメージ裏切りの対価/Price of Betrayalなどによっても誘発する。そのため、チャンドラを戦闘火力などの呪文で対処しようとすると、少なくとも5点が跳ね返ってくることになり、遅効性のダメージソースのような役割を果たす。特にクリーチャーの戦闘によってプレインズウォーカーに対処することが多いアグロ系デッキに対しては、この能力の存在によりアドバンテージ付きの溶岩の斧/Lava Axeのような振る舞いを見せ、非常に強力。また、-7能力を大きなプレッシャーとして機能させている重要な能力である。
+1能力
1枚だけの衝動的ドロー。
カード・アドバンテージに直結する優秀な能力。継続的に使える衝動的ドローの有用性は過去の4マナチャンドラ(紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromasterおよび反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance)が証明する通りであり、言わずもがな強力。
-7能力
7枚もの衝動的ドロー。
奥義らしく派手な効果だが、7枚をそのターン中に使い切ることは困難なので、実際に得られるカード・アドバンテージは見た目ほど多くはない。この能力の要は「忠誠カウンターを取り除く」こと自体にあり、自身の誘発型能力によって実質的に7点の本体火力として機能する。そのため、他多数のチャンドラの奥義のようにフィニッシャーとしての性質も備えている。

手札を使い尽くしライフを攻めることを是とする、典型的なデッキのために作られたかのような一枚。ドローエンジン兼ダメージソースという優れた性質を持つため、構築/リミテッドいずれにおいてもデッキタイプを問わず各種赤系デッキに採用できる。放置された場合の働きがやや悠長だったり、忠誠度能力のバリエーションが無いため柔軟な運用に向かないなど、いくらかの弱点を持つ点には留意しておきたい。

[編集] ルール

誘発型能力
+1能力と-7能力

[編集] 開発秘話

チャンドラのカードは元々、従来通りの火力の忠誠度能力を持っていたが、後に衝動的ドローの忠誠度能力と、ダメージを与える誘発型能力を持つよう変更された。これは彼女がヤヤ/Jayaの指導を受けて紅蓮術をより巧妙に使えるようになったことを表しており、また同じ紅蓮術師であるヤヤのカード(敬慕される炎魔道士、ヤヤ/Jaya, Venerated Firemage)と差別化することにも貢献している[1]

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

詳細はチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar (ストーリー)を参照。

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 War Games/大戦のゲームMaking Magic 2019年4月22日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif