炎の鞭/Fire Whip

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fire Whip / 炎の鞭 (1)(赤)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(あなたがコントロールするクリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは「(T):クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。このクリーチャーはそれに1点のダメージを与える。」を持つ。
炎の鞭を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。炎の鞭はそれに1点のダメージを与える。


ティム能力を付与するオーラ生け贄に捧げることでも1点のダメージを飛ばせるため、ある程度安定性が高く、またターン中に2点のダメージを割り振るようにも使える。

ダメージの発生源つけられているクリーチャーなので、ダメージを与えることで誘発する能力を持つクリーチャーとは相性がよい。特にマーシュ・バイパー/Marsh Viperとのギミックは「ウィップ・バイパー」と呼ばれ、有名。他に惑乱の死霊/Hypnotic Specterショッカー/Shocker疾風のデルヴィッシュ/Whirling Dervishなど特殊な誘発型能力持ちや、接死持ちのクリーチャーと組み合わせても面白い。

時のらせん再録。当時のスタンダードでは、タフネス1の共鳴者キーとなる発掘デッキに対し、初動を遅らせる対策カードとして投入されることがあった。また、エクステンデッドでも親和エルフ対策として積まれることがあった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ウェザーライトの、自身を生け贄に捧げる能力を持つオーラサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif