無慈悲なる者ケアヴェク/Kaervek the Merciless

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kaervek the Merciless / 無慈悲なる者ケアヴェク (5)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

対戦相手1人が呪文を唱えるたび、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。無慈悲なる者ケアヴェクはそれに、その呪文の点数で見たマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。

5/4

ケアヴェクの火吹き/Kaervek's Torchなどで有名なケアヴェク/Kaervekカード化。

多色にして7マナ5/4は平均以下であるが、能力は非常に強力で、立っているだけで対戦相手や相手のパーマネント焼け死んでいく。一切呪文を使用しないデッキや、点数で見たマナ・コストが0のカードだけで構成されているデッキはまずありえないため、戦場に出ていればこの能力でダメージ与える場面は非常に多いと言える。

しかし、やはり7マナという重さが色々な意味でネックになってしまう。ビートダウンデッキ相手に早期に戦場に出すことができれば、対戦相手を焼くのもパーマネントを除去するのも自由であるため、1枚で完封勝利すら夢ではなくなる。だが、対戦相手がパーマネントを展開し終わって、それ以上呪文を唱える必要が無くなってから出しても、単なるバニラにしかならない。

相手が遅めのコントロールであるならば多大な効果が見込め、特にパーミッションミラーマッチだった場合などには適当にカウンター合戦しているだけで勝てる。しかし、そういったデッキ相手にケアヴェクが長生きできるのかどうかは疑問である。3,4点のダメージ覚悟で初っ端に除去されるか、そもそも打ち消されて戦場に出てこないかのどちらかである可能性が高い。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

時のらせん多色伝説のクリーチャーサイクル

2色ではないものには、青黒赤工匠の神童、ミシュラ/Mishra, Artificer Prodigy5色始祖ドラゴンの末裔/Scion of the Ur-Dragonがある。

[編集] 参考

QR Code.gif