無限への突入/Enter the Infinite

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Enter the Infinite / 無限への突入 (8)(青)(青)(青)(青)
ソーサリー

あなたのライブラリーにあるカードの枚数と等しい枚数のカードを引く。その後、あなたの手札にあるカードを1枚、あなたのライブラリーの一番上に置く。あなたの次のターンまで、あなたの手札の上限は無くなる。


空前絶後の大規模ドロー呪文ライブラリーを引き尽くしたあと、1枚だけ戻す。当然ながらこんな呪文が軽いはずもなく、クァドラプルシンボルの12マナというこれまた記録的に重いマナ・コストが設定されている。

通常のデッキでは唱えるだけの土地が揃うことも稀であり、また青マナ4つを捻出するのが困難。また、ライブラリーが1枚だけになってしまうため、即座にゲームを決めなければライブラリーアウトの危険性が非常に高く、遅くとも2ターン後、これの解決後に霊感/Inspirationなどの他プレイヤー対象に取れる2枚以上のドロー呪文を通すと即敗北となってしまう。これを唱えるだけでなく、引いてきたカードを唱える準備もしておく必要がある。

このように普通に唱えるには問題が大きすぎるので、コスト踏み倒し手段や無限マナでもなければまともに運用はできないだろう。基本セット2013収録の全知/Omniscienceは優秀なパートナーで、引いた呪文を唱え放題になり、対戦相手のドロー攻撃もカウンターで回避できる。全知もマナ・コストは重いが、レガシーであれば実物提示教育/Show and Tellから全知を戦場に出すことで、このカードにスムーズに繋げられる。ドリーム・ホール/Dream Hallsでもよいだろう。→全知実物提示教育

[編集] 参考

QR Code.gif