獣の守り手/Keeper of the Beasts

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Keeper of the Beasts / 獣の守り手 (緑)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(緑),(T):あなたがこの能力を起動するに際し、あなたがコントロールしていたクリーチャーよりも多くのクリーチャーをコントロールしていた対戦相手1人を対象として選ぶ。緑の2/2のビースト(Beast)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

1/2

エクソダスの守り手。対戦相手の方がコントロールしているクリーチャーが多いときにのみ起動でき、2/2ビースト・クリーチャー・トークンを生み出すことができる。

「自分のクリーチャーが少なければ応援が来る」というコンセプトはわかりやすいが、条件が一緒で、得られる恩恵が桁違いなドルイドの誓い/Oath of Druidsが同エキスパンションにあったため、構築ではまったく使われなかった。相手に恩恵がないというメリットがあるものの、条件の達成のしやすさを鑑みてもクリーチャーを戦場に出さないだけで達成できるドルイドの誓いと、これを唱えて更に自分のクリーチャーが少ないという状況を作り出さなければいけないこのカードとでは体感的な使いやすさも全く異なる。

しかし、リミテッドの場合、クリーチャー単体での性能が高いにマッチしていて、なかなか優秀。自身のパワーが低いのが難点だが、特に中盤までに掛けて活躍する機会が多い。

  • 起動制限のチェックとして対戦相手1人を対象とするが、効果はその対戦相手に何もしない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エクソダスの守り手サイクルクリーチャーライフなどの状況が不利な時に能力起動できるクリーチャー

印刷時の起動型能力は、「対象となった対戦相手(またはそのコントローラー)についてチェックする」という現在では不可能な起動制限が与えられていた(起動制限は起動を始める前にチェックされるが、対象はその時点より後では選ばれないため)。

この問題を解決するために、オラクル更新で、光の守り手/Keeper of the Light心の守り手/Keeper of the Mind獣の守り手/Keeper of the Beastsの起動制限は「対象をとらずにすべての対戦相手をチェックする」ように変更され、残りの2枚は依然と対象にとるが、「起動時と解決時の両方で、あなたと対象をチェックする」ように変更された。

その後、2009年10月のオラクル更新で、これらのサイクルは「能力を起動した時点での自分と対象の対戦相手についてチェックする」という印刷時に近い挙動に変更された。対象が起動制限の役割を果たし、また、対象の条件は常に起動時の状況をチェックするため、解決する際に状況が変わっていても(対象が被覆などを持っていない限り)不正な対象立ち消えすることはない。

[編集] 参考

QR Code.gif