甦る死滅都市、ホガーク/Hogaak, Arisen Necropolis

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hogaak, Arisen Necropolis / 甦る死滅都市、ホガーク (5)(黒/緑)(黒/緑)
伝説のクリーチャー — アバター(Avatar)

あなたは、この呪文を唱えるためにマナを支払うことはできない。
召集、探査(この呪文を唱える段階で、あなたがタップした各クリーチャーは、それぞれ(1)かそのクリーチャーの色のマナ1点を支払う。あなたがあなたの墓地から追放した各カードは、それぞれ(1)を支払う。)
あなたはあなたの墓地から甦る死滅都市、ホガークを唱えてもよい。
トランプル

8/8

黒緑混成伝説のアバター。8/8トランプルの基本性能に加えて墓地からも唱えられる能力を持つが、唱えるためのコスト支払うのにマナを使うことができず、すべて召集探査で支払わなければならない。

早期展開を助ける能力を2つも持っていながらも制限能力により事前準備は必須という使い手に工夫が求められる性能だが、墓地を肥やしてクリーチャーを大量展開するデッキであればそれも容易く、早速モダンブリッジ・ヴァインに採用され、同デッキを大幅に強化した。

ブリッジ・ヴァインでは容易に墓地が肥え、恐血鬼/Bloodghast黄泉からの橋/Bridge from Below復讐蔦/Vengevineなどを利用して最速2ターン目で唱えることも可能で、さらにホガーク自身がクリーチャー呪文であるため、墓地に落ちた復讐蔦/Vengevineの復活材料にもなるという相性のよさを誇る。モダンホライゾンに同時収録の狂気の祭壇/Altar of Dementiaとの組み合わせも優秀で、ライブラリー破壊を自身に向けて追加の戦力を探しに行ける安定性と、対戦相手に向けてライブラリーアウトを狙うという新たな勝ち筋を提供している。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

モダンホライゾンレアの2カードサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif