異界の進化/Eldritch Evolution

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Eldritch Evolution / 異界の進化 (1)(緑)(緑)
ソーサリー

この呪文を唱えるための追加コストとして、クリーチャー1体を生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから点数で見たマナ・コストがX以下のクリーチャー・カード1枚を探す。Xは、その生け贄に捧げたクリーチャーの点数で見たマナ・コストに2を足した数に等しい。そのカードを戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。異界の進化を追放する。


生け贄に捧げたクリーチャーの、点数で見たマナ・コストより2つまで大きいクリーチャーをライブラリーから直接戦場に出すサーチカード

クリーチャーを元手に更に大きなクリーチャーを呼び出すあたり、出産の殻/Birthing Podを髣髴とさせる性能だが、カード・タイプ色拘束追加コストの存在を見るに自然の秩序/Natural Orderの系譜・リメイクと言った方が近い。

一挙に2マナ上のマナ域までジャンプアップできるとはいえ、以外にサーチ制限の無かった自然の秩序ほどの破天荒なカードパワーは流石にないため、これ一枚で勝負を決め得るフィニッシャー級のファッティを呼び込むのは難しい。その為、広めのサーチ範囲を活かしつつ、PIG能力持ちなどでアドバンテージの損失を緩和しながら、サーチしたカードと盤面のシナジーによって優勢を築けるように、採用するクリーチャーは選出したい。 他方で、ファッティを出す事にこだわらずとも、積むカードの構成によってはメインデッキもしくはサイドボーディング後に、最速2ターン目からマナ・クリーチャー生け贄に柔軟なシルバーバレット戦略が取れるのは本家にもなかった特長。

特性上、前例に漏れずカードプールの広がるほどに光る種類のカードであるため、スタンダードよりも先にモダンでその性能の片鱗を見せ始めている。登場から模索の進む中で、主にキキジキ・コードや、「スパイクの飼育係/Spike Feederテューンの大天使/Archangel of Thune」の無限コンボを搭載したアブザンジャンクなど、5マナ以上のコンボパーツを含むデッキにおいて迅速なコンボ達成の触媒として投入され始めている。

  • サーチできるのは、生け贄に捧げたクリーチャーの点数で見たマナ・コスト+2「以下」のクリーチャーである。そのため、生け贄より一回り大きなクリーチャーや同じ重さのクリーチャー、より軽いクリーチャーを持ってくることも適正。
  • 効果のみならず、カード名イラストも相俟って同セットに収録された現出メカニズムとは強い繋がりを感じさせるが、クリーチャー・タイプエルドラージが付加されたりはしない。

[編集] 参考

QR Code.gif