眩惑の光/Dazzling Lights

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dazzling Lights / 眩惑の光 (青)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは-3/-0の修整を受ける。
諜報2を行う。(あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚見て、そのうちの望む枚数をあなたの墓地に、残りをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。)


パワー限定の一時的なマイナス修整諜報2が付いたインスタント呪文打ち寄せる水/Hydrosurge系統の一種。

修整値は小さいが、たった1マナ軽く構えやすいコンバット・トリック。相討ちしそうな場面で唱え、一方的に討ち取るように使うと効果的。特にボロスカラーに軽量な先制攻撃持ちがいくらか存在するので、それらの出鼻を挫けると有利な展開が見込める。加えて諜報がついているため、限定的な除去ないし時間稼ぎに終わらずに次の手へのアクセスを速めていけるのはありがたい。ただしカード・アドバンテージの観点で言えば、最良でも損得なし、下手をすれば1枚損と、直接的な得には繋がらないため、ディミーアカラーの諜報誘発能力、イゼットカラーゴルガリカラーの墓地参照能力などとのシナジーをきちんと意識しておきたい。

リミテッドでは少数挿しておくとデッキの潤滑剤として役立つ場面もあるだろう。ただしコンバット・トリックとしては、あくまで近いサイズ同士の戦闘を有利にできる程度で、より大型クリーチャーとサイズ差を逆転させるような派手さはないため、そこまで頼りになるわけではない。諜報誘発で強化されるディミーアの偵察虫/Dimir Spybug思考繋ぎの幻/Thoughtbound Phantasmを主力としていく場合などでない限り、メインデッキから積極的に使うほどではないだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif