約束の終焉/Finale of Promise

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Finale of Promise / 約束の終焉 (X)(赤)(赤)
ソーサリー

あなたはあなたの墓地から、点数で見たマナ・コストがそれぞれX以下である、インスタント・カード最大1枚とソーサリ・カード最大1枚を対象とし、それらをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。このターン、これにより唱えたカードがあなたの墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。Xが10以上なら、それらの呪文をそれぞれ2回コピーする。あなたはそれらのコピーの新しい対象を選んでもよい。


の終焉は墓地インスタントソーサリーを最大1枚ずつ唱える。X=10以上でさらにそれぞれを2回コピー、つまり合計3回ずつになる。

3マナで1マナ呪文2枚、4マナで2マナ呪文2枚を唱えられるため、X呪文としてはかなりコスト・パフォーマンスが良い。適正なマナ・コストかつ状況に合うインスタントとソーサリーの両方を落としておく手間も踏まえると、むしろ小さいXで唱える前提で扱うのに適していると言える。

1枚で3枚の呪文を唱える=弧光のフェニックス/Arclight Phoenixの復活条件を満たすことができるため、スタンダードではイゼット・フェニックスで採用されている。しかし実質このカードを無効化する時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Ravelerメタゲームの中心にいることが逆風。

[編集] ルール

[編集] 開発秘話

開発段階では墓地の呪文をコピーする効果であったが、弧光のフェニックスとのコンボを可能にするために唱える効果に変更された[1]

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦の終焉サイクルマナ・コストXを含むソーサリーで、Xが10以上だとボーナスが得られる。いずれも神話レア

カード名破滅の刻サイクルと対応しており、ニコル・ボーラス/Nicol Bolasに抵抗する者たちの様子が描かれている。

[編集] 脚注

  1. First Look: War of the Spark Future Future League/第一印象:『灯争大戦』フューチャー・フューチャー・リーグ(Play Design 2019年5月17日 Andrew Brown著)
  2. War Games/大戦のゲームMaking Magic 2019年4月22日 Mark Rosewater著)
  3. In your recent article "war games" you said that...Blogatog 2019年4月22日)

[編集] 参考

QR Code.gif