練達の育種師、エンドレク・サール/Endrek Sahr, Master Breeder

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Endrek Sahr, Master Breeder / 練達の育種師、エンドレク・サール (4)(黒)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたがクリーチャー呪文を唱えるたび、黒の1/1のスラル(Thrull)・クリーチャー・トークンをX体生成する。Xはその呪文の点数で見たマナ・コストである。
あなたが7体以上のスラルをコントロールしているとき、練達の育種師、エンドレク・サールを生け贄に捧げる。

2/2

スラルの創造主にして、漆黒の手教団/Order of the Ebon Handが破滅する原因となった人物が登場。かなり爆発力のあるトークン生成能力を持つ。

適当なクリーチャー唱えるだけで大量のおまけがくっついてくる事になり、アドバンテージ面での利益は大きい。しかしトークンを出しすぎると自滅してしまうペナルティ能力が少々厄介。

主に、工夫して長持ちさせるか、気にせず使い捨てにしてしまうか、二つの方向性が考えられる。前者であれば、病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalkaなどの生け贄に捧げる手段と併用してトークンの数を調節したり、大クラゲ/Man-o'-Warなどでエンドレク・サールをバウンスすることでペナルティを回避したり、あるいは奸謀/Conspiracyでスラル以外を指定することで際限なしにトークンを増やしたり。後者であれば、限界ギリギリの6体までトークンを出しておき、最後にファッティを出して大量の水増しを狙いたい。

リミテッドでは回りだすと非常に強力なカード。多数のブロッカーが出るほか、終盤では大量のスラルで対戦相手を圧殺できる。相手にする場合は、クリーチャー呪文を唱えられてしまう前になんとか対処したい。

[編集] 参考

QR Code.gif