老樹林のトロール/Old-Growth Troll

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Old-Growth Troll / 老樹林のトロール (緑)(緑)(緑)
クリーチャー — トロール(Troll) 戦士(Warrior)

トランプル
老樹林のトロールが死亡したとき、これがクリーチャーであった場合、これを戦場に戻す。これはエンチャント(あなたがコントロールしている森(Forest))と「エンチャントしている森は『(T):(緑)(緑)を加える。』と『(1),(T),この土地を生け贄に捧げる:トランプルを持つ緑の4/4のトロール(Troll)・戦士(Warrior)クリーチャー・トークン1体をタップ状態で生成する。』を持つ。」を持つオーラ(Aura)・エンチャントである。

4/4

死亡してもを成長させるオーラとなり、またつけた土地生け贄に捧げることで自身と同じ性能のトークン生成するトロール戦士

優秀なマナレシオトランプルを持ち、単体でもビートダウン要員として十分なスペック。また即座に除去されても狼柳の安息所/Wolfwillow Haven相当のマナ加速で後続を補助できる。土地が余った終盤では生け贄にすれば戦闘能力は同等のトークンを出してくれるため、マナスクリューマナフラッド双方の土地事故をカバーできる柔軟性を持つ。

注意点は色拘束の厳しさ。トリプルシンボルであることとエンチャント先が森限定である点から、緑単色デッキでの採用が前提になるだろう。

登場時のスタンダードでは同じ3マナ域の恋煩いの野獣/Lovestruck Beastカザンドゥのマンモス/Kazandu Mammothの影に隠れ採用率が低かったが、ローテーション後は恋煩いの野獣の後釜として緑単アグロに採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif