職業

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

職業(Class)とは、数あるクリーチャー・タイプのうち、そのクリーチャーの生業と考えられるものの総称。この分類そのものはゲーム上何の意味も持たないが、種族同様部族デッキを組むことができる。

目次

[編集] 沿革

ミラディン人間がクリーチャー・タイプとして登場するまでは、人間のイラストが描かれたカード(後にオラクル変更で「人間」を獲得することになる)は職業のみしか持たないものばかりで、逆にそれ以外の種族は職業を持たされていなかった。例えば現「人間・ドルイド」である隠遁ドルイド/Hermit Druidはかつて単なる「ドルイド」、現「エルフ・ドルイド」であるラノワールのドルイド/Llanowar Druidはかつて単なる「エルフ」であった。

それ以降に登場したクリーチャーは、タイプ行に「生物学的種族(人間エルフなど)」・「身体状態(ゾンビミュータントなど)」・「職業」のうち複数が書かれるものが多くなった。種族のみしか持たないクリーチャーは存在するが、オラクル変更も経た結果、職業のみしか持たないクリーチャー・カードは現在ほぼ存在しない。

  • トークンは職業だけが指定されていることも多い。

特定の職業に言及するセットとしてモーニングタイドが、メカニズムとしてパーティーゼンディカーの夜明け)がある。が、種族に言及するセットやメカニズムと比べると少ない。他にもロード的存在など、特定の職業とシナジーするものはたびたび登場している。

[編集] 各色の代表的な職業

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集] 特に代表色がない職業

[編集] その他少数職業

[編集] 参考

QR Code.gif