脳食願望/Appetite for Brains

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Appetite for Brains / 脳食願望 (黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開する。あなたはその中から点数で見たマナ・コストが4以上のカードを1枚選び、そのカードを追放する。


コジレックの審問/Inquisition of Kozilekとでも言うべき、1マナ手札破壊呪文夜の恐怖/Night Terrorsなどと同様に、捨てるのではなく追放する。

一見、コジレックの審問よりも幅広いカードに対処できそうに見えるが、普通デッキを組む際には軽いカードを多く重いカードを少なくすることから、実際には非常に狭い範囲のカード。軽量カードを重視するビートダウンクロック・パーミッションに効きづらいのはもちろん、重量級カードを用いるコントロールであってもそんなに大量に重いカードばかり入れるわけではないので、空振りに終わるリスクは無視できないほど高い。

とはいえ空振りさえしなければ効果自体は優秀。この手の手札破壊は、状況にもよるが、特に中盤以降は戦場の状況を一変しうる強力カード(例えばフィニッシャープレインズウォーカーなど)を狙うことが多いので、「重いカードしか対処できない」というのはある意味で欠点になっていない。追放なので墓地利用されることがないのも強みである。

性質上、使いどころを選ぶ呪文。他の1マナ手札破壊のような「1ターン目に即使用し、序盤の動きを妨害する」という動きが期待できないこともあり、登場時の評価はかなり低かった。しかしラヴニカへの回帰ブロック参入後のスタンダードでは環境が比較的遅く、重くなったことから、採用率を上げている。競合する強迫/Duressと比べ、安定感は落ちるものの、掘葬の儀式/Unburial Ritesスラーグ牙/Thragtuskなどに対処できる点が評価されている。

重めのカードも多用されるリミテッドでも評価は高く、特に対戦相手爆弾レアを落とすことができるのは大きい。とは言え、アヴァシンの帰還を用いたシールドドラフトは比較的早い環境であるため、メインデッキからの採用は若干躊躇われる。サイドボードとして二戦目以降に投入するのがベターか。

[編集] 参考

QR Code.gif