色拘束

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

色拘束(Colored-Mana Requirement)とは、呪文能力コストに含まれる色マナの数の多寡のこと。数が多い場合は「色拘束が強い/きつい/濃い」、少ない場合は「色拘束が弱い/緩い/薄い」などと表現される。

[編集] 解説

一般に、色拘束の強いカード多色デッキでは使いにくく、弱いカードはタッチでも使いやすい。同じ点数で見たマナ・コストのもので比較した場合、色拘束が強いカードのほうがカードパワーは高い傾向にある。


Enormous Baloth / 超大なベイロス (6)(緑)
クリーチャー — ビースト(Beast)

7/7


Duskdale Wurm / 夕暮れ谷のワーム (5)(緑)(緑)
クリーチャー — ワーム(Wurm)

トランプル(攻撃しているこのクリーチャーは余剰の戦闘ダメージをプレイヤーかプレインズウォーカーに与えることができる。)

7/7


Pelakka Wurm / ペラッカのワーム (4)(緑)(緑)(緑)
クリーチャー — ワーム(Wurm)

トランプル
ペラッカのワームが戦場に出たとき、あなたは7点のライフを得る。
ペラッカのワームが死亡したとき、カードを1枚引く。

7/7

  • 「マナ拘束」や「色マナ拘束」と言う場合もある。ただし、マナ拘束には別の意味もあるので、色拘束と呼ばれる方が多い。→マナ拘束
  • 単色デッキである場合、基本的には色拘束の強さは特に気にしなくてもよい。ただし、無色マナしか出ないマナ基盤や、色マナを生み出すのにリソースの消費を伴うマナ基盤を採用する場合などは、少しは考える必要があるだろう。
  • マナ・コストの色拘束以外が全く同性能である二つのカードを比較すると、色拘束が弱いカードは色拘束が強いカードの上位互換になる。
    • 彩色信心との相互作用を考えると、色拘束が強いカードの方が有利になる場合がある。特に信心はテーロス・ブロックの中心ギミックであったため、その近辺では「カードを弱体化させるために色拘束を弱める」と言う普段と真逆の調整が行われたカードも多い。
  • ゲートウォッチの誓いにおいて「無色マナ・シンボル」が導入され、「無色マナでないと支払えないコスト」というものが新規に登場した。これも一種の色拘束であるといえる。

[編集] 一覧

色マナの数 名称 初出 備考
1 シングルシンボル リミテッド・エディション
2 ダブルシンボル リミテッド・エディション
3 トリプルシンボル リミテッド・エディション 少ない
4 クァドラプルシンボル リミテッド・エディション かなり少ない
5 クウィンタプルシンボル メルカディアン・マスクス 単色カードは2種のみ存在(→ラッシュウッドの精霊/Rushwood Elementalギガントサウルス/Gigantosaurus
混成カードを含めると12種存在
6 セクスタプルシンボル マナ・コストではイーブンタイド
マナ・コスト以外を含めるとオデッセイ
マナ・コストでは1種のみ存在(→尊原初/Primalcrux
マナ・コスト以外を含めると3種存在
8 オクタプルシンボル エルドラージ覚醒 1種のみ存在(→カルニのハイドラ/Khalni Hydra

[編集] 参考

QR Code.gif