藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Anurid Brushhopper / 藪跳ねアヌーリッド (1)(緑)(白)
クリーチャー — カエル(Frog) ビースト(Beast)

カードを2枚捨てる:藪跳ねアヌーリッドを追放する。次の終了ステップの開始時に、藪跳ねアヌーリッドをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

3/4

多色とはいえ、3マナで3/4+αという異常に高いスペックを持つ共鳴者。その能力も非常に強力で、十分な手札さえあれば大抵の除去をかわすことができる。これを確実に除去できるのは刹那持ちぐらいであることからも、その除去耐性の高さがわかるだろう。

手札の消費が2枚と多いことが対戦相手にとって唯一の救いだが、マッドネスの存在により、額面どおりのデメリットにならない場合も多かった。特に同じには日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla栄光/Gloryがいたため、これらを捨てる手段としても活用されていた。(→白緑マッドネス)。

野生の雑種犬/Wild Mongrel賛美されし天使/Exalted Angelと共に、当時の白緑ビートダウンで活躍した。さらにオンスロート以降はビーストクリーチャー・タイプを活かして争乱の崖地/Contested Cliffs貪欲なるベイロス/Ravenous Balothとともにビーストデッキを生み出した。その他ウェイクサイドボードにも必ずと言ってよいほど採用され、ミラーマッチにおける攻防の要となった。

[編集] 参考

QR Code.gif