血なまぐさい結合/Sanguine Bond

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sanguine Bond / 血なまぐさい結合 (3)(黒)(黒)
エンチャント

あなたがライフを得るたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、その点数に等しい点数のライフを失う。


回復プレイヤーへのドレインに変えるエンチャント。単体では何もしないので、必然的に他のカードとの併用を前提に考えることとなる。

一般にライフを回復するカードはライフ失わせるカードより軽いので、効率よくドレインできる。例えば緑マナ白マナの両方を支払ったアケノヒカリの注入/Dawnglow Infusionは、Xの2倍ものライフを失わせられる。もちろんに多いドレインをそのまま使うのも有効。

リミテッドでの運用は難しいが、黒のドレインとの回復カードがあればこれを中心にデッキを組むのも面白い。一方構築では色々なコンボができそうなカードである。例えば、Illusions of Grandeurを出せば対戦相手を一撃で倒すことも可能だろう。また、極上の血/Exquisite Bloodとの無限ループコンボも有名。

アラーラの断片ブロックゼンディカー・ブロックが使えた時期のスタンダードでは、陽の泉の探検/Sunspring Expedition疲弊の休息/Rest for the Wearyなどの軽くて回復量の多いカードと併用したり、むかつき/Ad Nauseamでライフを大量に失ってから汚れた印章/Tainted Sigilを使って元のライフまで戻すことで一気に回復したりするシナジーを利用するファンデッキが存在した。

[編集] 参考

QR Code.gif