衝撃の足音/Crashing Footfalls

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Crashing Footfalls / 衝撃の足音
ソーサリー

待機4 ― (緑)(あなたの手札からこのカードを唱えるのではなく、あなたは(緑)を支払い、時間(time)カウンターを4個置いた状態でこれを追放してもよい。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、これをこれのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
トランプルを持つ緑の4/4のサイ(Rhino)・クリーチャー・トークンを2体生成する。


時のらせん以来の、マナ・コストの無い待機呪文。ただしそれらと違い、過去のカードリメイクではない完全新作。

暴走するサイ/Stampeding Rhino相当の4/4トランプルサイクリーチャートークンを2体生成する。額面上では10マナもの効果をわずか1マナで発揮でき、数値的なコスト・パフォーマンスは高い。ただし待機でしか使えないため即効性がない。

1ターン目に待機させた場合、唱えることができるのは5ターン目。それぐらいのタイミングだと、特にミッドレンジランプが相手の場合には、サイと互角以上に渡り合える大型クリーチャーが間に合ってしまう可能性は否定できない。待機のおかげでマナに余裕があるはずなので、さらなる戦力を追加して押していく戦略を取るなり、除去打ち消しを併用するビート・コントロールプランを取るなりして援護していくとよいだろう。

例によって続唱との相性がよい。血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elfは色も合っていて併用しやすいだろう。また死せる生などのコンボ型続唱デッキのサブプランとして採用する例もある。

モダンではジャンドで使われることがある。

  • 待機によって唱えたクリーチャーは速攻を得るが、これはクリーチャー呪文ではなくトークンを生成するソーサリーであるためそのルールの適用外であり、トークンは速攻を得ない点に注意。
  • 効果の近いカードとしては、冠羽の群れ使い/Crested Herdcaller(5マナで3/3トランプルが2体)や大軍のワーム/Armada Wurm緑白の6マナ、5/5トランプルが2体)がある。

[編集] 参考

QR Code.gif