要撃/Waylay

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Waylay / 要撃 (2)(白)
インスタント

白の2/2の騎士(Knight)クリーチャー・トークンを3体生成する。次のクリンナップ・ステップの開始時に、それらを追放する。


基本的に、1ターンの間のブロッカーを呼び出すカード。何らかの方法で騎士トークン速攻を与えればアタッカーとして使うことも可能である。

カードが作られた時点では上記の通り「1ターン限りのブロッカー」と言うコンセプトであり、発売時点での第5版ルールではその通りに機能していた。

ところが第6版発売にともなうルール変更により、対戦相手終了ステップ唱えることで騎士・トークンを次の自分のターンの終了ステップまで生存させることができ、他の速攻付与などの手段を使わずに、それ単体で攻撃を行えるテクニックが可能になってしまった。

1ターン限りとは言え3マナで最大6点ものダメージ効率は、かのボール・ライトニング/Ball Lightningに匹敵し、他の白ウィニーに採用される十字軍/Crusade栄光の頌歌/Glorious Anthem等の全体強化と組み合わせたときの破壊力はそれをも上回る。そのため、このギミック及びそれを搭載したデッキを特に「ホワイト・ライトニング」と呼ぶまでに広まった。

しかし、これは本来の用途から外れているということで、エラッタにより「戦闘フェイズの間にしか唱えられない」の一文を使用したルール・テキストに変更された。その後2006年10月のオラクル改定で、元々の挙動に近い「実存を失ったときにゲームから取り除く」(現行オラクルでは「次のクリンナップ・ステップの開始時に追放する」)と変更された(戦闘フェイズにしか唱えられない制限もなくなった)。

[編集] ストーリー

要撃/Waylayとは「待ち伏せ攻撃」のこと。このカードはSerran(セラ人)騎士3人が堕落した匂いを放つ人物を待ち伏せした場面(イラスト)。ウルザズ・サーガの時代、セラの領土/Serra's Realmにはファイレクシア/Phyrexia人が侵入し戦争が勃発している。イラストの人物がザンチャ/Xantchaと似ていることから、ファイレクシアの潜伏工作員/Sleeper Agentと思われる。

[編集] 参考

QR Code.gif