見捨てられた都市/Forsaken City

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Forsaken City / 見捨てられた都市
土地

見捨てられた都市はあなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。
あなたのアップキープの開始時に、あなたは自分の手札のカード1枚を追放してもよい。そうしたなら、見捨てられた都市をアンタップする。
(T):好きな色のマナ1点を加える。


インベイジョン・ブロック5色地形3種類のうちの1つ。

いちいち手札を1枚追放しなければアンタップしない。いくらなんでも1枚の土地のためにカードを何枚も消費するのでは普通やっていられない。そのカードを使って新しい土地を引いてきた方がよっぽどましである。

しかし、それでも幸運にも噛み合うデッキが多数存在している。アップキープ中にアンタップするので、停滞/Stasisを維持するのに使われた。またタップインでもないため、数ターンで勝負を決めるタイプのコンボデッキならそこまで悪くないといえる。実際、初期のアングリーハーミット2では普通に4枚投入されていた。

地味に棲み家と相性が良い。同じプレーンシフトに収録されている辺り、意図的なものかもしれない。現在ではラヴニカ・ブロックバウンスランドの登場で、より使いやすくはなった。

[編集] 参考

QR Code.gif