記憶の欠落/Memory Lapse

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Memory Lapse / 記憶の欠落 (1)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。その呪文がこれにより打ち消された場合、それをそのプレイヤーの墓地に置く代わりに、オーナーのライブラリーの一番上に置く。


呪文打ち消したうえでライブラリーの一番上に置くインスタントホームランド初出の有力カードの1つ。

打ち消しても、すぐにそのカードを引かれてしまうので弱いと感じる人もいるだろう。しかし、エンドカードをめぐるカウンター合戦であるとか、フラッシュバックコピーされた呪文に対して使えば、色拘束の緩い対抗呪文/Counterspellになりうる。そうでなくとも、対戦相手ドローを1ターン遅らせるタイム・デストラクションにはなる。1ターンを争う場面では馬鹿にできない活躍をし、パンデモノートからサイカトグまで幅広く使われる。エターナル、特にヴィンテージではMoxが存在するため、その点を有効活用し、等時の王笏/Isochron Scepterを使用したパーミッションなどで使用されている。

冬の宝珠/Winter Orb停滞/Stasisなどのロックデッキに入れても相性がよい。

  • 「ライブラリーの一番上に置く」というテーマで共通するカード(例えば力の消滅/Disempower休耕地/Fallow Earth)が収録されたのと一緒にミラージュで初めて再録される。この効果は、Card of the Dayの記事で「逆キャントリップ」(reverse-cantrip)と俗称をつけられている。
  • 第9版を選ぼう」の投票で、マナ漏出/Mana Leakに敗れ第9版への再録を逃した。
  • 役割が近い差し戻し/Remandだが、以下のような差異がある。
    • 記憶の欠落/Memory Lapseの特長
      • そのターン、その呪文を再び唱える事が出来ない。特に長期戦になりやすいデッキにとって恩恵が大きい。
      • 時間稼ぎとして機能する上に、前述の通り連続で唱える事が出来ないので、軽い呪文に対しての効果が高い。
      • 対戦相手のライブラリーに関係したカードと相性が良い。しかしそれは対戦相手にも同じ事が言える(例えば師範の占い独楽/Sensei's Divining Topを使われると効果が薄れる)。
    • 差し戻し/Remandの特長
      • 自分のドローを進める事が出来る。特にアグレッシブなデッキにとって恩恵が大きい。
      • 自分の呪文に対して唱えても良く、状況次第ではカード・アドバンテージを得られる。
      • 手札破壊との相性が良い。
      • フラッシュバックのような呪文に対してより効果的。
おお、良心なら持っていたとも。だが、残念。どこかに置き忘れてしまったらしい。
チャンドラー
  • 本来はミラージュに入るはずのカードだったが、ホームランドののカードに空きがあったため穴を埋めるために移動された[1]

[編集] 一時停止指定

2021年10月14日より、ヒストリックで一時停止カードに指定される[3]デッキにおいてはほぼ必須パーツであり、土地以外で最も多く使われているカードの1つとなっていたため。

[編集] 脚注

  1. Mark, yesterday was my 25th birthday! May I ask a...Blogatog 2021年5月14日 Mark Rosewaterのブログ)
  2. ミスティカルアーカイブ・カード《儚い存在》と《記憶の欠落》に関する声明Daily MTG 2021年4月2日)
  3. October 13, 2021 Banned and Restricted Announcement/2021年10月13日 禁止制限告知(News 2021年10月13日 Jay Parker & Donald Smith著)

[編集] 参考

QR Code.gif