贖いし者、フェザー/Feather, the Redeemed

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Feather, the Redeemed / 贖いし者、フェザー (赤)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 天使(Angel)

飛行
あなたが、あなたがコントロールしているクリーチャーを対象としてインスタントやソーサリーである呪文を唱えるたび、それの解決に際しそのカードをあなたの墓地に置く代わりに追放する。そうしたなら、次の終了ステップの開始時に、それをあなたの手札に戻す。

3/4

初登場から14年の時を経てついにカード化されたフェザー/Feather。自軍クリーチャー対象として唱えた呪文を再利用する、英雄的のような誘発条件能力を持つ伝説の天使

各種単体強化呪文、格闘一方的格闘などの自軍クリーチャーを対象に含める除去呪文を何度でも使いまわすことができるため、アドバンテージの観点で非常に強力な能力。コンバット・トリックが使い放題になるため戦闘で倒すのが難しく、特に防護の光/Sheltering Lightなどの除去耐性を付与できる呪文と併用すれば単騎でゲームを支配し得る。また、果敢な一撃/Defiant Strikeなどのキャントリップ付き呪文ならばカード・アドバンテージを稼ぐこともでき、赤白では希少なドローエンジンじみた使い方も可能。色拘束が強く、単体ではフレンチ・バニラにしかならないという弱点こそあるが、基礎性能が3マナ3/4飛行と優秀であるため、赤白系アグロデッキに求められる戦闘性能を十分満たしており、単なる回避能力持ちアタッカーとして見ても優秀なカード。

スタンダードでは、この名を冠したボロス・フェザーで中心戦力として活躍している。前述した各種単体強化カードのほか、同時収録、なおかつ相性も抜群の第10管区の軍団兵/Tenth District Legionnaire戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanistも同時に採用されている。

リミテッドでは、各種コンバット・トリックを使い回すだけで絶大な優位を築ける強力なカード。もちろん、基礎性能だけで十分強力であるため、該当する呪文がなくともデッキカラーが合うなら積極的に採用したい。

[編集] ルール

[編集] 開発秘話

フェザーはカード化してほしいというリクエストが最も多いキャラクターの一人であった。斬新な戦闘関連の能力が欲しかったので、自軍を対象に取る呪文(大抵は自軍を強化する呪文)を再利用する能力が与えられることになった。手札に戻るまでにタイムラグがあるのは、バイバックの反省に基づくものである[1]

[編集] ストーリー

フェザー/Featherボロス軍/Boros Legion天使ラジア/Raziaの後を継いで一時的にギルドマスターとなったが、オレリア/Aureliaに追放された。

詳細はフェザー/Featherを参照。

[編集] 脚注

  1. War Games/大戦のゲームMaking Magic 2019年4月22日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif