迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Azusa, Lost but Seeking / 迷える探求者、梓 (2)(緑)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) モンク(Monk)

あなたの各ターンに、あなたは追加で土地を2つプレイしてもよい。

1/2

土地プレイ回数を増やす能力を持つ伝説の人間モンク

踏査/Explorationと比べて効果は2倍になったが、マナ・コストは3倍。3ターン目に出して土地が複数出せるかは微妙なところ。しかもタフネス2は除去されやすすぎる。本家よりもコンボ向きのカードであろう。

神河ブロックに同時に登場した、空民(ムーンフォーク)との相性がよい。また、ラヴニカ・ブロックバウンスランドがあれば、それ1枚を複数回戦場に出すことができる。もちろん単体では意味を持たないが、殴打蔦の葛/Vinelasher Kudzuの強化を加速するなどのギミックが考えられる。後のゼンディカー・ブロック上陸とも相性がよい。

モダンでは、精力の護符/Amulet of Vigorとバウンスランドとのシナジーを利用したAmulet Comboに組み込まれている。テーロス還魂記で効果は半分だが伝説ではなく生存力が高いイリーシア木立のドライアド/Dryad of the Ilysian Groveが登場した後は5枚目以降の採用となっている。

基本セット2021にて再録スタンダード環境では前述のイリーシア木立のドライアドと競合する。

[編集] ストーリー

ストーリーの詳細は梓/Azusaを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif