運命の大立者/Figure of Destiny

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Figure of Destiny / 運命の大立者 (赤/白)
クリーチャー — キスキン(Kithkin)

(赤/白):運命の大立者は基本のパワーとタフネスが2/2であるキスキン(Kithkin)・スピリット(Spirit)になる。
(赤/白)(赤/白)(赤/白):運命の大立者がスピリットである場合、それは基本のパワーとタフネスが4/4であるキスキン・スピリット・戦士(Warrior)になる。
(赤/白)(赤/白)(赤/白)(赤/白)(赤/白)(赤/白):運命の大立者が戦士である場合、それは基本のパワーとタフネスが8/8であり飛行と先制攻撃を持つキスキン・スピリット・戦士・アバター(Avatar)になる。

1/1

強力なウィニーキスキン。最初は1マナ1/1と何の変哲も無いクリーチャーだが、マナ支払うごとに強くなる。

余分に1マナを払えば2ターン目でも2/2で殴ることができる。更に3マナ追加で4/4とゲーム終盤においても十分なP/T値となり、更に6マナ追加で8/8になって飛行先制攻撃も付く。ここまで来ればフィニッシャーとしても十分活躍できる。

マナ・コスト起動コスト混成マナ・シンボルなので、キスキンデッキではもちろん、赤単色デッキなどでも十分な運用が可能。そのため、赤や白の入ったビートダウンデッキにおいて広く使われている。

[編集] ルール

[編集] 参考

  1. Leveling Up(Daily MTG 2010年5月14日)
QR Code.gif