運命的不在/Fateful Absence

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fateful Absence / 運命的不在 (1)(白)
インスタント

クリーチャーやプレインズウォーカーのうち1体を対象とする。それを破壊する。それのコントローラーは調査を行う。(そのプレイヤーは「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カード1枚を引く。」を持つ無色の手掛かり(Clue)アーティファクト・トークン1つを生成する。)


クリーチャープレインズウォーカー破壊できるが、代償として相手に手掛かりトークンを与えてしまう除去呪文

石の宣告/Declaration in Stoneと比べると、除去対象は単体に限られるが、インスタントとなりプレインズウォーカーも除去できるようになったため汎用性は向上している。

インスタントかつ対象の条件がない除去はには貴重であり、システムクリーチャー破壊可能。2マナと軽いので、テンポ・アドバンテージの除去並に取りやすい。

一方で相手に手掛かりトークンを与えてしまうデメリットがあるので、長期的に見るとカード・アドバンテージでは損をしてしまう。致命傷になるほどではないが、石の宣告と同様、トークンを有効活用される前に勝負を決められるアグロデッキと相性が良い除去と言える。

またコントロールデッキで使う場合でも、手掛かりをドローに変えるにはマナが必要なので、その分テンポ損をさせられると考えれば十分有用。

なお、自分のカードに使用してトークンでドローすることも可能。終盤に手札が枯渇した場合は一考に値する。相手の除去に合わせて撃てばカード・アドバンテージも失わない。

[編集] ストーリー

イニストラード:真夜中の狩り注目のストーリーの1枚。

イニストラード/Innistradの昼夜の平衡を取り戻す儀式は失敗に終わった。このままでは、吸血鬼/Vampire人間/Humanを喰い尽くすのは時間の問題だ。ソリン・マルコフ/Sorin Markovは助言を求め、世界に飽きて長い眠りに就いている祖父エドガー・マルコフ/Edgar Markovを起こしに向かった。だがマルコフ荘園/Markov Manorの地下の霊廟に、エドガーの棺はなかった。昨日彼がここを離れていた間に、何者かが侵入し祖父を攫ったのだ。憤怒に燃えるソリンが見つけたのは、オリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldarenからの手紙――彼女とエドガーの結婚式への招待状だった。

  • Magic Storyでこのカードに該当する場面が描写されたのはイニストラード:真夜中の狩りではなく、それに続くイニストラード:真紅の契りの背景ストーリー中である[2]
  • イラストには空の棺が描かれているが、Magic Storyではエドガーは棺ごと攫われたことになっており、齟齬が生じている。また、フレイバー・テキストとMagic Storyの描写にも齟齬がある。
策略を察したソリンは祖父が眠る墓へと急いだ。しかしすでに先を越されたようだった。

[編集] 脚注

  1. An Electrifying First Look at Kamigawa: Neon Dynasty/『神河:輝ける世界』のシビれるお披露目(News 2021年12月16日 Wizards of the Coast著)
  2. Episode 1: Tithes and Invitations/メインストーリー第1話:徴税と招待状(Magic Story 2021年10月28日 K. Arsenault Rivera著)

[編集] 参考

QR Code.gif