野生の呼び声/Call of the Wild

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Call of the Wild / 野生の呼び声 (2)(緑)(緑)
エンチャント

(2)(緑)(緑):あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。それがクリーチャー・カードである場合、それを戦場に出す。そうでない場合、それをあなたの墓地に置く。


4マナライブラリーの一番上にあるクリーチャーカードを直接戦場に出せるエンチャント

パーマネントによるドローでは3~4マナを要求されるのが当たり前なところ、これはそのマナで戦場に出せてしまうので、かなり割安。例え1マナクリーチャーが出ても、普通のドロー手段と比べて理屈上は割はあう。

しかし、クリーチャー・カードがめくれなければ無駄だし、いくら割安とは言え小型クリーチャーが戦場に出てもあまり嬉しくないので、ライブラリー操作などと併用したい。緑単色デッキならば俗世の教示者/Worldly Tutorミリーの悪知恵/Mirri's Guileなど、アーティファクトでは師範の占い独楽/Sensei's Divining Topなども相性がよい。など、他のにも視野を広げれば候補は増える。また、侵入警報/Intruder Alarmマナ・クリーチャーを用いれば、ライブラリー内のクリーチャーをほぼ全て出す事も可能。

[編集] 類似カード

ライブラリーの一番上のカード1枚を公開し、それをマナ・コストを支払わずに唱えるプレイする、または戦場に出すカード。土地だった場合しか出せないカードは割愛。特記しない限り任意効果で、踏み倒せないカードだった場合はライブラリーの上に戻す。マナ・コストを支払う必要があるものは衝動的ドローの項を参照。

同じライブラリーの上から踏み倒すタイプの中でも、指定タイプのカードにぶつかるまで公開し続けるものはドルイドの誓い/Oath of Druidsの項を、複数枚の中から選べるものは動物の魅了/Animal Magnetismを、X枚公開した中から選べるXマナ呪文のものは起源の波/Genesis Waveの項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif