野生の雑種犬/Wild Mongrel

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wild Mongrel / 野生の雑種犬 (1)(緑)
クリーチャー — 犬(Dog)

カードを1枚捨てる:野生の雑種犬はターン終了時まで+1/+1の修整を受けるとともに、あなたが選んだ1色の色になる。

2/2

登場時点では史上最強クラスのであり、共鳴者の中でもサイカトグ/Psychatogと双璧をなした高性能なクリーチャー

手札さえあればマナいらずでパンプアップできるので隙が極めて少ない。火力戦闘では倒しにくく、そのうえ色も変わるので除去防御円プロテクションもすり抜けることが出来る。

安直に使うとカード・アドバンテージを失うことになるが、能力起動せずとも牽制となるため序盤の存在感は非常に高く、また中盤以降になれば土地などが余ってくるので実際に起動することも容易になり、さらには勝利目前であれば手札をすべて捨てても問題にはならないため終盤の決定力まで兼ね備えている。加えてフラッシュバックマッドネスを持つカードを捨てればむしろアドバンテージ源にすらなり、特に同じである日を浴びるルートワラ/Basking Rootwallaとの相性は抜群。

マッドネスデッキキーカードであり、青緑マッドネスマッドステロ白緑ビートダウン等、スタンダードオデッセイ・ブロック構築環境絡みのビートダウンにはほぼ確実と言っていいほどの頻度で使用された(例外は部族シナジーに特化したエルフ・ビート程度)。その採用率の高さは、オデッセイの緑のトップレアであった獣群の呼び声/Call of the Herdをも超えるほど。

舞台をエクステンデッドに移しても、その名を冠したワイルドゾンビや、グロウ系のミラクルグロウ、スタンダードと同様な青緑マッドネス壌土からの生命/Life from the Loamとのシナジーを利用したマッドサイカなど、幅広く活用されるパワーカードである。

現在ではレガシー復讐蔦/Vengevineを相方に活躍を続けているほか、パウパーなどのフォーマットでもそのカードパワーをいかんなく発揮している。

It teaches you to play dead.
犬に死んだふりの芸を教えるのが普通だが、こいつの場合教えるのは犬のほうなんだからね。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

オデッセイサイクル。各の2マナ2/2(クリーチャー

[編集] 脚注

  1. Core Set 2021 Update Bulletin(News 2020年6月23日 Eli Shiffrin著)

[編集] 参考

QR Code.gif