闇の救済/Dark Salvation

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dark Salvation / 闇の救済 (X)(X)(黒)
ソーサリー

プレイヤー1人とクリーチャー最大1体を対象とする。そのプレイヤーは黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンをX体生成する。その後、ターン終了時まで、その対象としたクリーチャーは、その対象としたプレイヤーがコントロールするゾンビ1体につき-1/-1の修整を受ける。


テキストが少々ややこしいが、ようするにゾンビトークンの生成と、単体へのマイナス修整を一度に行うソーサリー呪文

これ単独では、X=1とすると3マナ歩く死骸/Walking Corpse夜/Night相当。X=2では5マナでギサの召集/Gisa's Bidding見栄え損ない/Disfigure相当。コストパフォーマンスはそれほど悪くなく、Xマナ呪文の爆発力も併せ持つため必要に応じて柔軟に運用できる。逆に言えば、クリーチャーカードとしては平均以下、除去としても修整値が小さくいささか重いため、やはりゾンビを使うデッキでこそ輝くカードと言えるだろう。

スタンダードではアモンケット・ブロック期のゾンビデッキコントロールデッキ相手にも腐らない除去として採用される。

リミテッドにおいては3マナ2/2の時点で採用候補となり、さらに除去が付いてくると考えるととてもお得。後半マナが余ってきたら大量展開しつつ除去もでき、なかなかのやり手。この環境にはゾンビ・カードやゾンビ・トークンを生み出すカードが豊富なのですんなりと採用できるだろう。

  • X=0で唱えることも適正である。十分な数のゾンビが揃えられるなら、1マナの軽量除去として採用できる。
  • 対戦相手を対象とすることも適正である。対戦相手にゾンビを渡してしまう不利なプレイングだが、対戦相手のほうが多くのゾンビをコントロールしているなら、より大きなマイナス修整を与えられる。
    • 対戦相手が十分な数のゾンビをコントロールしているなら、対戦相手を対象としつつX=0で唱えればデメリットはほぼ無い。ただし対応して生け贄に捧げられる可能性は残る。
  • プレイヤーを対象としているため、マイナス修整の効果が対象不適正になっても、立ち消えせずにトークンは戦場に出る。

[編集] 開発秘話

このカードは「リリアナがゾンビとともに勝利を収める」というシーンを描いたカードとしてデザインされている。

元々は「ゾンビ1体ごとにクリーチャー1体を対象とし、ターン終了時までそれに-1/-1の修整を与える」という効果を持っていたが、それは強力すぎた。またテスト段階では「Xは0にできない」というテキストも存在していた。

最終的にはゾンビではなく呪文そのものが対象を取るように調整され、また立ち消えないようにプレイヤーを対象に取るように変更された。

[編集] 参考

QR Code.gif