雲打ち/Cloudthresher

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cloudthresher / 雲打ち (2)(緑)(緑)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

瞬速
到達
雲打ちが戦場に出たとき、これは飛行を持つ各クリーチャーと各プレイヤーにそれぞれ2点のダメージを与える。
想起(2)(緑)(緑)(あなたはこの呪文を、その想起コストを支払うことで唱えてもよい。そうした場合、戦場に出たときにこれを生け贄に捧げる。)

7/7

大型エレメンタルクァドラプルシンボルながらも6マナ7/7瞬速+αというコスト・パフォーマンスの良さが最大の魅力。ETB能力到達により、対飛行クリーチャーとしての性能としては目を見張るものがある。

スタンダードでは、マナが豊富に用意できるビッグ・マナクイックントーストなどでよく採用されており、小粒な飛行クリーチャーで殴りかかるフェアリーデッキとの対戦でバシバシとフェアリー軍団を叩き落しているのをよく見かける。特に苦花/Bitterblossomへの効果は抜群。また本体のサイズが非常に大きいため、能力で落とせない大型飛行クリーチャーは直接ブロックで対処でき抜かりが無い。

想起唱えた場合2マナ軽くなりX=2で唱える突風線/Squall Lineと同等。あまり効率的とは言えないが前述のフェアリー等の小粒の飛行クリーチャー郡を叩くには十分。エルフ等の軽量デッキのサイドボードにはこの用法がメインで投入される。一応、には少ないプレイヤーダメージを与えられる火力のため、最後の一押しとしても使用できる。

瞬速を活かし、アタッカーを奇襲ブロック除去した上で7/7を残す、という1対2交換的な使い方が本筋だと言え、このカードとぶつかって相打ち以上に持ち込める相手が少ない点も評価に値する。

色拘束さえクリアできれば非常に強いクリーチャーなので、緑マナに苦労しないデッキであれば問題なく投入できる。

リミテッドでは、普通に出せればもちろん強いが、なにぶん色拘束が強すぎる。想起の方をメインに考えていくべきだろう。

  • 伏魔殿/Pandemoniumと相性が良いのは想起持ち全般に言えることだが、コストに対するサイズが大きく本体へのダメージ能力もあり、特に効果的と言える。

[編集] 参考

QR Code.gif