高位の秘儀術師、イス/Ith, High Arcanist

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ith, High Arcanist / 高位の秘儀術師、イス (5)(白)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

警戒
(T):攻撃しているクリーチャー1体を対象とし、それをアンタップする。このターン、そのクリーチャーが与える戦闘ダメージと、そのクリーチャーに与えられるすべての戦闘ダメージを軽減する。
待機4 ― (白)(青)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(白)(青)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが4個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。それは速攻を持つ。)

3/5

ついにカード化されたイス卿。自らの名を冠した土地イス卿の迷路/Maze of Ith能力を使用できる。

タフネス5はなかなかの硬さ。パワー4以下のクリーチャー1体をブロックし、さらに別の1体の攻撃を無効化、その上で生き残ることができる。警戒を持っているので、自身が攻撃に行ってもその能力を発揮できるのがポイント。また、他のクリーチャーを伴って攻撃すれば、戦闘を無意味にさせることなどをできるため、非常にコントロール色の強いカードである。そのままだとかなり重いが、2ターン目に待機させれば6ターン目に出せる。この点も、序盤のテンポをあまり重要視しないコントロールに向いていると言える。

回避能力を持たないため構築でのフィニッシャーは荷が重いものの、リミテッドでは間違いなく大活躍するだろう。

イス卿の迷路と同様、クリーチャーをアンタップさせる能力はコンボパーツとしての使用も考えられる。例えば水流を読む者/Judge of Currentsコントロールした状態で、何らかの効果で自身をマーフォークにすれば無限ライフが得られる。ただし重いので、アフェットの錬金術師/Aphetto Alchemist天光を求める者/Seeker of Skybreakの方が早いか。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

時のらせん多色伝説のクリーチャーサイクル

2色ではないものには、青黒赤工匠の神童、ミシュラ/Mishra, Artificer Prodigy5色始祖ドラゴンの末裔/Scion of the Ur-Dragonがある。

[編集] 参考

QR Code.gif