提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

/Blackマジック:ザ・ギャザリングにおけるの1つ。


Phyrexian Negator / ファイレクシアの抹殺者 (2)(黒)
クリーチャー — ホラー(Horror)

トランプル
ファイレクシアの抹殺者にダメージが与えられるたび、その点数と同じ数のパーマネントを生け贄に捧げる。

5/5


Hypnotic Specter / 惑乱の死霊 (1)(黒)(黒)
クリーチャー — スペクター(Specter)

飛行
惑乱の死霊が対戦相手にダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚無作為に選んで捨てる。

2/2


Terror / 恐怖 (1)(黒)
インスタント

アーティファクトでも黒でもないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。


[編集] 色の特徴

死と力の色であり、からマナを引き出しゾンビ吸血鬼デーモン召喚する。友好色とし、対抗色とする。略号はB

再び訪れた黒の中でによれば、黒は力を求める利己的な色である。黒は世界を弱肉強食的なものだと考えており、力無き弱者は強者の犠牲となるが、十分な力を持った強者は欲しいものを何でも手に入れられると考えている。故に黒は弱肉強食の世界で幸福を掴むためには力が一番大事だと考えており、また力を始めとする欲しいものを手に入れるためには手段を選ばず、必要とあれば何でも(自分であれ他者であれ)犠牲にする。

こうした性質から、黒は死、アンデッド、畏怖、悲しみ/抑うつ、苦痛、拷問、闇、疫病、腐敗/衰退、寄生、昆虫/蜘蛛、害獣、汚職、不純/汚染、減少、偽り、操作、(計画的な)破壊、処刑、自他を含めた犠牲、などの他の色が忌み嫌うが黒にとっては効率的な手段を用いており、またそれに対する倫理的な批判を気にしない現実主義、利己主義、道徳外、マキャベリズム、個人主義、自己陶酔的といった性格を持つ。これらが黒が表すものとされる。

白や緑は全体主義的な性質を持ち、利害に縛られない面を持つため、 利己主義者であり、利害によって他者を支配しようとする黒の対抗色となる。

青と黒は共に自己利益を求め、策略や技術や知識を愛用することから友好色とされる。ただし青は全体主義的な面も併せ持つため、そこにおいて純粋な利己主義者である黒と対立する。

黒と赤は共に自己中心的で、破壊を好むことから友好色とされる。ただし赤は無計画で利他的な面も持つため、この点においては計画的で利己的な黒と対立する。

5色の中で特に邪悪性が強い(善の面をほぼ含まない)ことから、他の色と明確に区別されて「悪」のデザインに用いられることがままある。個々のカードではもちろんのこと、黒をテーマにしたエキスパンションであるトーメントや、逆に他の色と比べて孤立したジャッジメントアヴァシンの帰還など、カード・セットのテーマに反映されることもある。

[編集] 色の役割

ライフ支払いクリーチャー生け贄手札捨てるなどのコストを求めたり、敵味方双方にそれらを強いるなどハイリスクなカードの多さが特色。

クリーチャー
得意なキーワード能力は、接死絆魂威迫。1番手では無いが、飛行先制攻撃速攻破壊不能なども有している。キーワード以外ではシェイド能力が定番。一方でペナルティ能力として「タップ状態で戦場に出る」「ブロックできない」などを持つことが多い。クリーチャー・タイプには種族では、ゾンビ、吸血鬼ホラーデーモンなど、職業では戦士ならず者暗殺者などが象徴的。また、のものと対になるような騎士クレリックが少数存在し(白騎士/White Knightに対する黒騎士/Black Knightなど)、それらも黒の象徴の一つと言える。
クリーチャーの除去に最も長けており、破壊、マイナス修整、生け贄に捧げさせる(布告)と様々な方法を持つ。直接ダメージドレインという形で存在する。
アーティファクト
墓地から手札戻したり、リアニメイトが得意。原則的に除去は不可能。秘宝の破滅/Relic Baneや、工匠の呪詛/Artificer's Hexのような間接的にアーティファクトを妨害するカードがメインだが、直接対処できるカードもごく少数ながら過去に存在していた(Gate to Phyrexiaファイレクシアへの貢ぎ物/Phyrexian Tribute異形の騒霊/Xenic Poltergeistなど)。
エンチャント
基本的にシナジーを形成しない。ピンポイントでは除去できないが、陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion狂気堕ち/Descent into Madnessのような全員を巻き込むような形で除去できるタイプのカードは稀に登場する。
土地
沼をサーチしたり沼を参照して効果を大きくするカードや、土地を沼にしてしまうカードがある。土地破壊は赤に次ぎ得意。
プレインズウォーカー
直接的な除去が可能。
パーマネント呪文
ドローサーチも比較的得意。ドローは夜の囁き/Night's Whisper祭壇の刈り取り/Altar's Reapなどリソースと引き換えだが軽量なカードが定番。サーチカード吸血の教示者/Vampiric Tutor魔性の教示者/Diabolic Tutor死せる願い/Death Wishなどカード・タイプを問わないものが多い。探すことができるカードに柔軟性があることに加え、探した後にそのカードを公開する必要がない点も黒のカードの強みといえる。
手札破壊は色の役割として寡占している。強力な手札破壊カードがあるかどうかは環境の黒の占有率に大きく影響する。カード名を直接指定し、手札、墓地、ライブラリーから根こそぎ追放する効果も得意。
墓地のカードの扱いに長けており、クリーチャー・カードの回収や直接戦場に出すリアニメイト)カードは定番となっている。墓地にあるカードの枚数を参照するカードや、自分の墓地のカードを増やすようなカードも散見される。逆に、相手の墓地のカードを追放することも得意とする。
対戦相手からライフを失わせる効果を持つカードを圧倒的多数保有する。また、対戦相手からライフを奪うことで相手のライフを失わせつつ回復も可能。
マナ加速が生み出すマナを倍化させたり(墓所の怪異/Crypt Ghast)、他の効果と一緒にマナを生み出す(血の儀式文/Liturgy of Blood)タイプのカードが存在する。
その他特有の効果
最悪の恐怖/Worst Fearsなど他のプレイヤーをコントロールする効果、Word of Command豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxuryなど他のプレイヤーのカードを”奪う”効果も色の役割としてもっている。

[編集] 色の役割の変更

マスクス・ブロック神河ブロック1999年-2004年頃)
黒を代表するカードの1枚であり、一時的なマナ加速といえば黒と言わしめた暗黒の儀式/Dark Ritualメルカディアン・マスクスを最後に再録されず、煮えたぎる歌/Seething Songなどへ移行。時のらせんブロックで例外的に登場するも一時的マナ加速カードそのものがあまり登場しなくなっていった。
カード名指定追放系カードの元祖は青黒多色ロボトミー/Lobotomyだが、神河ブロック頭蓋の摘出/Cranial Extraction以降黒の色の役割として定着した。
基本セット20102009年
回避能力のキーワード能力として長年畏怖沼渡りを得意としていたが、それらの能力の廃止に伴い威嚇、そして威迫へと代替わりした。
基本セット2013基本セット20142012年-2015年頃)
タフネスよりパワーが高い頭でっかちのクリーチャーが多かったが、色の役割が多く被っている赤との差別化を図るためにドラゴンの迷路基本セット2013頃からタフネス偏重のクリーチャーも増やす方針となった。[1][2]
恐怖/Terror闇への追放/Dark Banishingのような、黒いクリーチャーを対象にできない黒の除去が多かったため、色が黒というだけで1つの除去耐性とされていた(黒以外という制限は、特色である自己中心的思想のためである)。破滅の刃/Doom Blade基本セット2014を最後に再録落ちした後はそのタイプの制限を持つ強力な除去はほぼ登場していない。
カラデシュ・ブロック2016年頃)
不死性を再現する再生を得意としていたが、使用廃止に従ってカラデシュの頃から一時的な破壊不能付与に替わっている。
  • 2018年から、瞬速に次いだ第2色とすることが試されている[3][4][5]
  • ドミナリア及びラヴニカのギルドでは、それまではライフを失う効果で表現されてきたカードがダメージを与える形でデザインされている。これはフレーバーと、ルール上ほぼ同じ挙動を示すものに異なる表現を用いる必要があるかというバランスに関する実験的変更であり[6]、今後定着するかはまだ未定である。

[編集] その他

[編集] 脚注

  1. Dragon Along/ドラゴンとともに(Making Magic 2013年4月22日 Mark Rosewater著)
  2. M14versing/マルチバース劇場・『基本セット2014』編(Latest Developments 2013年7月19日 Sam Stoddard著)
  3. 選択せよ その1(Making Magic 2018年2月5日) - 問15の解説
  4. Blogatog(Mark RosewaterのBlog 2018年3月14日)
  5. @EthanFleischerEthan FleischerのTwitter 2018年6月29日)
  6. Blogatog(Mark RosewaterのBlog 2018年9月15日)

[編集] 参考

単色 - - - -
多色
()
2色 友好色白青 - 青黒 - 黒赤 - 赤緑 - 緑白
対抗色白黒 - 青赤 - 黒緑 - 赤白 - 緑青
3色 弧(こ)白青黒 - 青黒赤 - 黒赤緑 - 赤緑白 - 緑白青
楔(くさび)白黒緑 - 青赤白 - 黒緑青 - 赤白黒 - 緑青赤
4色 白青黒赤 - 青黒赤緑 - 黒赤緑白 - 赤緑白青 - 緑白青黒
5色 白青黒赤緑
銀枠専用 ピンク - - 目の色
色の関係 色の組み合わせ - 友好色 - 対抗色 - カラーパイ - 色の役割
関連項目 無色 - 有色 - 単色カード - 多色カード - 色指標 - 固有色 - デッキカラー
QR Code.gif