Empty the Slogger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

赤ストンピィ(Empty the Slogger)は、レガシーで登場した大型クリーチャーによるビートダウンデッキ

「赤ストンピィ」の名は、同じくレガシーに存在する、エンジェル・ストンピィフェアリー・ストンピィに近い動きをすることから。「Empty the Slogger」は、初期型のフィニッシャーである巣穴からの総出/Empty the Warrens弧炎撒き/Arc-Sloggerから。


Seething Song / 煮えたぎる歌 (2)(赤)
インスタント

(赤)(赤)(赤)(赤)(赤)を加える。



Chalice of the Void / 虚空の杯 (X)(X)
アーティファクト

虚空の杯はその上にX個の蓄積(charge)カウンターが置かれた状態で戦場に出る。
プレイヤーが、この上に置かれている蓄積カウンターに等しい点数で見たマナ・コストを持つ呪文を1つ唱えるたび、その呪文を打ち消す。



Arc-Slogger / 弧炎撒き (3)(赤)(赤)
クリーチャー — ビースト(Beast)

(赤),あなたのライブラリーのカードを上から10枚、追放する:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。弧炎撒きはそれに2点のダメージを与える。

4/5

まず、2種類の2マナランドを利用し、虚空の杯/Chalice of the Voidなどを最序盤から唱えて対戦相手の動きを妨害する。さらに、金属モックス/Chrome Mox煮えたぎる歌/Seething Songといったマナ加速から、弧炎撒きなどの強力なクリーチャーと優秀な装備品を用いてビートダウンし、相手に何もさせないまま殴り倒す

当初のタイプでは、弧炎撒きに加え、各種マナ加速からの巣穴からの総出がフィニッシャーとして採用されていた。また、硫黄の精霊/Sulfur Elementalワイルドファイアの密使/Wildfire Emissaryなど、対を意識した作りになっており、硫黄の精霊を用いることから「エレメンタル・ストンピィ」と呼ばれていた。

未来予知参入後は、月の大魔術師/Magus of the Moonという対デュアルランドの秘密兵器を手に入れた。また、アタッカーラクドスの地獄ドラゴン/Rakdos Pit Dragonなどの暴勇持ちクリーチャーを採用し、代わりに巣穴からの総出を使わなくなった。こうしてEmpty the Sloggerは、ドラゴン・ストンピィという新たなアーキタイプへと成長することになる。

  • もともとは日本の草の根大会で実績を上げたデッキである。インターネットを通じて海外で話題になったことでこの名がつけられた。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (15)
4 猿人の指導霊/Simian Spirit Guide
3 弧炎撒き/Arc-Slogger
4 硫黄の精霊/Sulfur Elemental
2 火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu
2 ワイルドファイアの密使/Wildfire Emissary
呪文 (27)
4 巣穴からの総出/Empty the Warrens
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
4 煮えたぎる歌/Seething Song
2 マグマの噴流/Magma Jet
4 金属モックス/Chrome Mox
4 虚空の杯/Chalice of the Void
3 梅澤の十手/Umezawa's Jitte
2 火薬樽/Powder Keg
土地 (18)
10 山/Mountain
4 古えの墳墓/Ancient Tomb
4 裏切り者の都/City of Traitors
サイドボード
2 紅蓮操作/Pyrokinesis
3 血染めの月/Blood Moon
2 十二足獣/Dodecapod
3 石揺すりのシャーマン/Stoneshaker Shaman
2 三なる宝球/Trinisphere
3 Anarchy

[編集] 参考

QR Code.gif