GAT

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

GATは、二大パンプアップクリーチャーであるクウィリーオンのドライアド/Quirion Dryadサイカトグ/Psychatogフィニッシャーにしたデッキ。デッキ名はGrow ATogの略で、Growはクウィリーオンのドライアドを、Atogはサイカトグを指す。

[編集] 概要


Quirion Dryad / クウィリーオンのドライアド (1)(緑)
クリーチャー — ドライアド(Dryad)

あなたが白か青か黒か赤の呪文を唱えるたび、クウィリーオンのドライアドの上に+1/+1カウンターを1個置く。

1/1


Psychatog / サイカトグ (1)(青)(黒)
クリーチャー — エイトグ(Atog)

カードを1枚捨てる:サイカトグはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。
あなたの墓地にあるカード2枚を追放する:サイカトグはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

1/2


Gush / 噴出 (4)(青)
インスタント

あなたはこの呪文のマナ・コストを支払うのではなく、あなたがコントロールする島(Island)を2つ、オーナーの手札に戻すことを選んでもよい。
カードを2枚引く。


動きとしては、ミラクルグロウハルクスマッシュを合わせた感じ。クウィリーオンのドライアド/Quirion Dryad展開し、軽量ドロー呪文ライブラリーを掘り下げるとともに、巨大化させた上で殴る。あるいは、墓地肥やし手札を増強させた上で、サイカトグ/Psychatogパンプアップして相手を瞬殺する。どちらの展開になっても、狡猾な願い/Cunning Wishから狂暴化/Berserkが通ってしまえば、20点以上のダメージを与えることが見込める。

噴出/Gushがこのデッキの攻撃力を爆発的に高めている。特にFastbondとのシナジーは非常に強烈。タップ状態の島/Island戻すことでマナ加速まで出来てしまう。

噴出が制限カード指定が解除されてからはメタゲームの上位に再浮上したものの、その強さから改めて制限カードに指定されたため衰退。だが2010年10月1日の制限改訂では再び制限解除され、GATもかつての力を取り戻した。2017年4月24日より、再度制限カードに指定されたため、現在では活躍は厳しい。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (5)
4 クウィリーオンのドライアド/Quirion Dryad
1 サイカトグ/Psychatog
呪文 (41)
1 Ancestral Recall
4 渦まく知識/Brainstorm
1 狡猾な願い/Cunning Wish
4 意志の力/Force of Will
4 噴出/Gush
2 マナ吸収/Mana Drain
2 誤った指図/Misdirection
1 神秘の教示者/Mystical Tutor
3 選択/Opt
1 赤霊破/Red Elemental Blast
1 吸血の教示者/Vampiric Tutor
1 悪魔の教示者/Demonic Tutor
4 強迫/Duress
4 商人の巻物/Merchant Scroll
1 Time Walk
1 ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will
1 Black Lotus
1 Mox Sapphire
1 Mox Jet
1 Mox Ruby
1 Mox Emerald
1 Fastbond
土地 (14)
1 島/Island
3 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
1 Library of Alexandria
3 汚染された三角州/Polluted Delta
2 Tropical Island
3 Underground Sea
1 Volcanic Island
サイドボード
3 真髄の針/Pithing Needle
3 イクスリッドの看守/Yixlid Jailer
1 秘宝の突然変異/Artifact Mutation
1 狂暴化/Berserk
1 火+氷/Fire+Ice
2 酸化/Oxidize
1 紅蓮破/Pyroblast
1 赤霊破/Red Elemental Blast
2 水没/Submerge

[編集] 参考

QR Code.gif