Magic: The Gathering 2: The Spell Thief

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
{{{タイトル}}}
著者 {{{著者}}}
出版 {{{出版}}}
ISBN [[Wikipedia:ja:特別:文献資料/{{{ISBN}}}|{{{ISBN}}}]]

Magic: The Gathering 2: The Spell Thiefは、Idea & Design Works Llcより刊行中のコミック・シリーズの単行本第2巻。電子書籍としても刊行中。 脚本:Matt Forbeck、画:Martin Coccolo、表紙画:Dan Scott(2012年12月11日発売)

プレインズウォーカー、ダク・フェイデン/Dack Faydenの冒険を描く。

目次

[編集] あらすじ

故郷を破壊したプレインズウォーカー/Planeswalkerシファ・グレント/Sifa Grentを追うダクは、彼女の罠に嵌まり巨人の魔道士の膨大なコレクションの一部にされかける。辛くも逃げ出したダクはシファの足跡を追いイニストラード/Innistradグリクシス/Grixisと多次元を渡る。

[編集] キャラクター

  • ダク・フェイデン
故郷の仇であるシファを追うプレインズウォーカー。彼女を追いながら、自らの辿ってきた道程を回想する。
  • titan
ダクがシファを追ってたどり着いた次元、Echoirに存在する古城の主である巨人の魔道士。財宝からクリーチャーまで無節操なコレクションを持つ蒐集家であり、そのコレクションの中にはメルカディア/Mercadiaラヴニカ/Ravnicaアラーラ/Alaraの物まで見受けられる。シファに騙されダクからプレインズウォークの方法を聞きだそうとする。
  • Ingrid Reichert(イングリッド・ライヘルト)
イニストラードの聖戦士/Cathar。ダクに好意を寄せる。
  • Hermann Reichert(ヘルマン・ライヘルト)
元聖戦士であるIngridの父親。娘との関係はやや良好になった模様。
吸血鬼/Vampireのプレインズウォーカー。イニストラードのバランスを保つためダクから古の牙を没収し、Reichert親子からダクが語った多次元世界の記憶を消した。代わりにダクにシファの手掛かりを与える。
  • Mariel
Drakestonの町長の娘で、ダクの恋人だった女性。シファの虐殺の犠牲となった。
  • Marsh
ダクのかつての親友。喧嘩の最中に殺されてしまう。
グリクシスのデーモンドラゴン。シファの次元を渡る能力を試そうとして彼女を拘束した。

[編集] 登場カード

titanのコレクションの1つ。
titanのコレクションの1つ。地獄火花の精霊と相打ちになった。
ダクが召喚したクリーチャー。ゲームと同じく蘇生を生かして大暴れした。
プレインズウォーカーに成り立てだった頃のダクがAlkabahという次元から盗もうとしたアーティファクト
グリクシスでマルフェゴールに仕えている魔道士。
Marshが喧嘩相手に唱えた呪文。
グリクシスでダクが召喚したクリーチャー。

[編集] 参考

QR Code.gif