巣の侵略者/Nest Invader

提供:MTG Wiki

2019年11月23日 (土) 16:42時点におけるPiyopiyo (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Nest Invader / 巣の侵略者 (1)(緑)
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi) ドローン(Drone)

巣の侵略者が戦場に出たとき、無色の0/1のエルドラージ(Eldrazi)・落とし子(Spawn)クリーチャー・トークンを1体生成する。それは「このクリーチャーを生け贄に捧げる:(◇)を加える。」を持つ。

2/2

灰色熊/Grizzly Bears上位互換の1つ。ETBエルドラージ落とし子トークンを1体生成する。

計2マナ2/3相当、あるいは落とし子が生み出すマナを差し引くと実質1マナ2/2と高効率。序盤のアタッカーとして、そしてその後の重量級クリーチャーのサポートとしても役立つ便利なクリーチャー。特に高速デッキが3ターン目に4~5マナ域へアクセスする為の追加カードとして優れ、強力なクリーチャーやプレインズウォーカーを早い段階で唱える頼もしい相棒となる。

護民官の道探し/Civic Wayfinderのような恒久的な加速と、このカードのような瞬間的加速のどちらが良いかはお好みで。

序盤に引かなかった場合も踏み荒らし/Overrunなどの全体強化を有する緑にとって頭数を増やせる意味が大きく、エルドラージの碑デッキ躍進の原動力の一つとなっている。

パウパーでは炎樹族の使者/Burning-Tree Emissaryコモンで再録されてからのストンピィの主力クリーチャーである。やや重たい象の導き/Elephant Guideのマナサポートになりつつ、トークンを生け贄に捧げることで吠え群れの飢え/Hunger of the Howlpack陰鬱を任意のタイミングで達成できる。

[編集] 参考

QR Code.gif