ファイレクシア病

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ファイレクシア病とはウルザズ・レガシーフレイバー・テキスト日本語版に出てくる病名。

原文の「Phyrexian progress notes」には「」と限定する語句はなく、日本語版は「ファイレクシア病の進行記録」と味付け訳をしており、これは他言語版にはない日本語版独自のものである。

  • あるいは「Phyexia」を、熱病や発熱を意味する「Pyrexia」と同様に病気と解釈したか。
  • 統率者2016にはファイレクシア病の支配/Grip of Phyresisというカードが存在するが、「Phyresis」は苦痛を伴うファイレクシア人への変化の過程を指すストーリー用語であり病気ではないため、「ファイレクシア病」は明らかに間違った訳語選択である。

[編集] キャリアーのフレイバー・テキスト

「ファイレクシア病の進行記録」が登場するのは、キャリアー・クリーチャー5種と仕組まれた疫病/Engineered Plagueの計6種類のフレイバー・テキスト。キャリアーでは病気の症状を段階的に描き、仕組まれた疫病ではその改良法について書かれている。

この病気の第一段階:発疹と吐き気。
この病気の第二段階:高熱と高い感染性。
この病気の第三段階:筋肉痛とひどい咳。
この病気の最終段階:うわごと、ひきつけ、そして死。
ウイルスの生成物質に苦草を混ぜ入れたところ、もっとも素晴しい結果がもたらされた。
(出典:仕組まれた疫病/Engineered Plague(ウルザズ・サーガ版))
「その持続的な効果は常に致死的である。」

これら「ファイレクシア病の進行記録」シリーズは、好きなフレイバー・テキストの話題などでもよく取り上げられた人気の高いフレイバー・テキストである。

[編集] 参考

QR Code.gif